<写真・ストレート勝ちを収め、3回戦へ進出した中澤>

   8月21日、大阪府靱テニスセンターにて2019年度関西学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。2日目のきょうは、男子シングルス2回戦、男子ダブルス1回戦が行われ、関学からは小野田(商4)、深井(法4)、中澤(法2)、片山(経1)、林田(文1)、板倉(人4)・小野田組が出場した。小野田と深井は、序盤から相手に主導権を握られ、粘りも及ばず完敗。片山、林田の1年生も強敵を相手に競った展開に持ち込むも、ともにストレートで敗北した。その中で、中澤は、第1セットからタイブレークの接戦に。これをものにすると、勢いに乗った第2セットは相手を前後に揺さぶり、圧倒。ストレート勝ちを収め、関学勢で唯一3回戦へ駒を進めた。男子ダブルス1回戦では、板倉・小野田組が序盤から1-4と劣勢に。しかし、ここから5ゲーム連続で取り、第1セットをものにした。第2セットでは、応援を背に、小野田の正確なショットと、板倉の力強いサーブで相手を圧倒。ストレートで勝利し、あすの2回戦進出を果たした。

   あすは同会場にて男子シングルス3回戦、男子ダブルス2回戦が行われる。

男子シングルス2回戦

(ショートセットファイナル10ポイントタイブレーク方式)

小野田  0-2{1-4、0-4}

深井  0-2{1-4、1-4}

中澤  2-0{5-4(5)、4-1}

片山  0-2{0-4、4(3)-5}

林田  0-2{2-4、1-4}

男子ダブルス1回戦

板倉・小野田  2-0{6-4、6-2}

試合後のコメント

男子シングルス2回戦に勝利した中澤慈永「自分としては、あまりいいプレーではなかったが、やるべきことはやれたと思う。課題はサーブとボレー。それでも、普段の練習と違い、プレー中により苦しい選択をしながらプレーができていた。リーグ戦に向けても苦しい場面でのプレーに慣れておかないといけないので、そこでポイントをものにできたのは良かった。(あす以降に向けて)正直あまり結果は気にしていない。仲間の応援に応えられるように頑張りたい」