大会2日目を迎えた全日本学生選手権。明大からは二ノ宮寛斗(営4=岐南工)、佐々木雄大(政経3=野田中央)、杉山裕紀(法1=沼津城北)。二ノ宮、佐々木雄がベスト8となった。

◆8・20~23 全日本学生選手権(駒沢体育館)

▼フリースタイル79キロ級

 杉山裕――3回戦敗退

▼フリースタイル86キロ級

 佐々木雄――ベスト8

▼フリースタイル97キロ級

 二ノ宮――ベスト8

 昨年度3位に入った佐々木雄。3回戦では鳥井皓介(日本文理大)と対戦。「やりたかったことができた」。第1ピリオド中盤、相手を崩してタックルに入り、ローリングでポイントを奪った。そのまま10―0でテクニカルフォール勝ちを収めた。続く準々決勝では、石黒隼人(日大)と対戦。「相手が強いのは分かっていた」。第1ピリオド開始2分で後ろを取られると、ローリングを守り切れずに、テクニカルフォール負け。ベスト8に終わった。怪我のため、明日のグレコノーマンスタイルには出場しないが「全日本大学グレコローマン選手権でメダルを取りたい」。得意のグレコで表彰台を目指す。

 フリースタイルでは表彰台入りが0人となった明大。明日から始まるグレコノーマンスタイルでの活躍に期待だ。

[田中佑太]

試合後のコメント

佐々木雄

――フリースタイルベスト8はどうですか。

「悔しいです。やっぱり表彰台上らないと始まらないです」

――今日の試合を振り返っていただけますか。

「1試合目は調子が良かったです。やりたかったことができました。すぐ終わって良かったです。2試合目は相手強いと分かっていたんですけど、やっぱり足を取られました」