<写真・劣勢を跳ね返し勝利を収めた石川>

   8月20日、大阪府靱テニスセンターにて2019年度関西学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。1日目のきょうは、女子シングルス1回戦が行われ、関学からは9名が出場した。石川(教2)は第1セット、1-4の劣勢を巻き返し、7-5でセットを奪うと勢いそのままにストレート勝利。吉田(国3)、明河(経3)は同士討ちを制し、初戦突破を決めた。だが、6名が初戦で敗退。チームとしては悔しい結果となった。

   あすは同会場にて女子シングルス2回戦、女子ダブルス1回戦が行われる。

女子シングルス1回戦

石川 2-0{7-5、6-3}

小柳(商2) 0-2{2-6、1-6}

高本(商4) 0-2{1-6、0-6}

吉田 2-0{6-1、6-0}北本(人2)

明河 2-0{6-4、6-1}岩井(商3)

小林(経2) 1-2{6-4、4-6、5-7}

大和(経3) 0-2{3-6、0-6}

試合後のコメント

越智優果女子主将(教4)「全体的には、同士討ちもあったが、3人しか上がれていない状況は、リーグ戦に向けて、少し不安の残る結果になった。格上相手にガッツあるプレーを見せてくれた子も多かったが、リードした展開から逆転される試合が目立った。あすのダブルス初戦は大事。最初から全力でいって、1つでも勝ち上がれるようにしたい」

tags;庭球