24年ぶりに関東選手権を制し、8月22日から愛知県で行われる全日本大学選手権への進出を果たした明大準硬式野球部。本企画では全日本での活躍が期待される選手を全5回にわたって紹介します。

 今回は不動の4番打者・高桑一真外野手(商3=日大二)に行った事前インタビューをお送りします。(この取材は8月13日に行われました)

――夏の時期に入っていかがですか。

 「今まで以上にチームワークも高まっていると思いますし、士気も上がっているので良い状態です」

――合宿はいかがでしたか。

 「私たちの部は半日練習が多いですけど、合宿中は一日練習だったので、より内容の濃い練習ができました。お互いコミュニケーションを取る時間も増えたので良い方向に向いたのかなと思います」

――今のコンディションはいかがですか。

 「自分自身はあまり良くない状態ですね。春のリーグ戦からバッティングの調子があまり上がらなくて。結果が出せるようにこの数日間で調整していきたいです」

――緊張やプレッシャーはありますか。

 「やるべきことをやるだけだと思っていますけど、あまり緊張しすぎていつもできていたことができなくなるというのは嫌なので、そこは割り切ってやろうと思います」

――大会に向けて意識していることは何ですか。

 「自分は4番を任されているので、調子の良し悪しは関係なく、やるべきことはしっかりとやらなければいけないと思っています。必ず点になるバッティングができたらなと思います」

――チームの課題は何ですか。

 「攻守のバランスですね。どっちかだけが良いままでは絶対に勝てないと思うので。最近のオープン戦でもピッチャーにもバッターにも課題は残っているので、バランス良く伸ばしていかないと試合は勝ち抜いていけないと思います」

――大会までの残りの時間で何を行っていきますか。

 「直前の3日前くらいは追い込んで練習して、バットもたくさん振って試合を意識して、自分に甘くならないようにしたいです」

――日本一になったらやりたいことはありますか。

 「今まで頑張ってきたので休みが欲しいですね。海とか行って体を焼きたいです」

――全日本に向けて一言お願いします。

 「応援してくださる人のために全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」

――ありがとうございました。

[金内英大]