写真=Getty Images

エキシビジョンゲームでの真っ向勝負を宣言

今週アメリカ代表とエキシビションゲーム・シリーズを行なうオーストラリア代表のアーロン・ベインズは、昨シーズンまでセルティックスでチームメートだったジェイレン・ブラウンとジェイソン・テイタムを「スーパースターになれる存在」と称賛している。

メルボルンで『ESPN』の取材に応じたベインズは、2人の中でも攻撃オプションの数に優れ、守備でもレベルアップする意識の高いテイタムの力を高く評価。「彼は本当に才能のある選手。彼がルーキーだった頃、初めて一緒にプレーした時からオフェンスの才能には気づいた。それに守備での努力もする選手だった。そういう新人はあまりNBAにはいなくて、オフェンスの才能だけでやろうとする選手もいる。でも彼は、オールラウンドなプレーを伸ばそうとしている」と語った。

ベインズは、2019-20シーズンがプロ4年目のブラウンと、3年目のテイタムが、今回の国際大会で実力を証明しようとしているとも分析。「彼らは若くて、力を証明したがっている。世界のベストプレーヤーが出場する国際大会以上にうってつけな場所はないよ」

「2人とも、まだルーキー契約の選手だから、今後数年で実力を証明しようとしているだろうし、それをやれるだけの力がある選手。練習で2人と対戦してきたから、どれだけの力があるかは分かっている。一緒にプレーするのも楽しかったけれど、今は異なるユニフォームを着ている。彼らを相手に一歩も退く気はないよ」

ベインズによれば、オーストラリアはアメリカとのエキシビジョンゲームに向けて、入念なスカウティングを行なっているという。

「チームのスカウティングは非常に優れている。選手の特徴、長所も知っている。そこに、僕が知っているニュアンスもいくつか伝えられるかもしれない。でも、彼らに関しては分析できているし、各々のプレーに関しても把握している」

調整が目的の試合とはいえ、中国でのワールドカップに出場する両国にとっては、現段階でのチームの完成度を知る上でも大事な試合になる。

ベインズ対テイタム&ブラウン以外にも、ジャズでチームメートのドノバン・ミッチェル対ジョー・イングルズなど、見どころが多いエキシビジョンゲームになりそうだ。