一週間を超える激戦が繰り広げられた大会もいよいよ大詰めに差し掛かった全日本学生選手権(インカレ)。この日は各種目の準決勝が行われ、ついにファイナリストが出そろった。早大からは男子ダブルスの古賀大貴(スポ4=大分舞鶴)・安上昂志(スポ4=福岡・柳川)組、木元風哉(社3=埼玉・早大本庄)・田中優之介(埼玉・秀明英光)組がそれぞれストレート勝ちを収め、決勝進出を決めた。男子ダブルスの決勝は両組による早大対決になる。

 準決勝で今大会第3シードの島田達也・高村烈司組(関大)と対戦した木元・田中優組。ファーストセットではミスや相手の好リターンで第4ゲームに先にブレークを許す展開となったが、「センターコートということもあってすごく球が遅くて、1回のブレークぐらいでは焦ることなく入れた」(田中優)と直後のゲームですぐさまブレークバックに成功。その後ゲームカウント4−4からブレークを奪い優勢に立つと、続く田中優のサービスゲームでラブゲームキープをし、ファーストセットを制した。セカンドセットに入ると木元・田中優組はその本領を発揮する。ファーストのリターンゲームでデュースから木元、田中優がストレートのリターンを立て続けに決めブレークに成功。「相手のファーストサーブを2本リターンエースを決めることができたことが相手にプレッシャーを掛けられましたし、僕たち自身も乗れた」(田中優)と、ここからは木元・田中優組の独壇場。木元のボレーや田中優の鋭いフォアハンドを軸に相手を圧倒し、このセットを6−0で奪い、見事ストレート勝ちで決勝進出を決めた。


要所でポイントを取りきり波に乗った田中優(左)・木元組

 古賀・安上組はここまで予選から勝ち上がってきていると対戦。実績のある古賀・安上組に対しチャレンジャー精神で向かってくることが予想されたが、「僕らもそれに負けないように強気でプレーしていこう」(古賀)と試合に臨んだ古賀・安上組。この意識が功を奏し、ファーストセットは相手に付け入る隙を与えぬ圧巻のコンビネーションを披露。「もう一回ブレークしようと意識してプレーしていた結果だと思います。一つ一つの精度で僕らの方が上回っていたということをいい意味で見せつけることができた」(古賀)と相手に1ゲームを奪わせず、6−0でファーストセットを先取した。セカンドセットでは相手も活気を取り戻し、ワンブレークを奪った直後のゲームで安上のサービスゲームをブレークされるが焦りはなかった。「僕らがブレークをしている中だったので、焦らずにもう一回ブレークし返そうと落ち着いてプレーできていた」(古賀)。続くゲームですぐさまブレークバックに成功すると、その後は手堅くキープを続けた古賀・安上組。6−0、6−4のストレート勝ちで夏のインカレでは初の決勝進出を果たした。


抜群のコンビネーションで相手を圧倒した古賀(左)・安上組

 男子ダブルスの決勝は古賀・安上組と木元・田中優組による早大対決に決まった。春関で学生大会初黒星を喫し、ベスト8に終わっている木元・田中優組はその雪辱を果たし、3度目の学生タイトル獲得を狙う。一方の古賀・安上組はこれまで二度決勝に臨みながら、ここまでタイトルを獲得できていない。その一つは木元・田中優組に完敗を喫した昨年の夏関決勝だ。ラストイヤーで念願の初タイトルを狙う古賀・安上組の『4年生の意地』か、チャンピオン返り咲きを期す木元・田中優組の『学生王者の意地』か。「学生最後の個人戦で早稲田同士で決勝ができるというのはすごく嬉しいことなので、できる喜びを感じつつも、しっかりと勝ちたいと思います」(古賀)。「インカレの決勝の舞台で当たれるということは嬉しいですし、いいプレーをして、いい試合をしたい」(木元)。灼熱の岐阜の戦いを締めくくるファイナルの舞台で、勝利の女神がほほ笑むのはどちらのペアだろうか。

(記事、写真 林大貴)

結果

男子ダブルス
▽準決勝
◯古賀大貴・安上昂志 [6–0、6–3] 西岡航・田口涼太郎(近大)
◯木元風哉・田中優之介 [6−4、6−0] 島田達也・高村烈司(関大)

コメント

古賀大貴副将(スポ4=大分舞鶴)・安上昂志(スポ4=福岡・柳川)

――決勝進出を決めました。率直な心境としては

安上 夏のインカレできょねん、おととしと勝てていなかったので、決勝に進出できて素直に嬉しいです。

古賀 僕らの山でシードが次々と負けてしまうということがあった中で、しっかりと決勝に進めたので良かったと思います

――予選から勝ち進んできて、チャレンジャーとして向かってくる相手だったと思いますが、試合に臨むにあたって意識したことはありますか

古賀  きのうの相手もそうだったんですけど、勢いに乗っているペアで。僕らもそれに負けないように強気でプレーしていこうという話は試合前からしていたので、細かい部分はあるんですけど、ゲームプランとしての一番はそこでしたね。

――ファーストセットは6−0というスコアでしたが、振り返って

安上 相手のミスも多くて、自分たちがミス少なくプレーできていたので、気付けばという感じでしたね。あまり怖さを感じなかったので、のびのびプレーできたかなというのは思います。

古賀 序盤でいきなりブレークして、3ー0で波に乗れたのもあるんですけど、もう一回ブレークしようと意識してプレーしていた結果、6−0というスコアになったと思います。一つ一つの精度で僕らの方が上回っていたということをいい意味で見せつけることができたので、そこがファーストセットでは大きかったかなと思います。

――セカンドセットでは相手が勢いづく場面がありました

古賀 1回安上のサーブがブレークされたんですけど、僕らがブレークをしている中だったので、焦らずにもう一回ブレークし返そうと落ち着いてプレーできていたと思います。やっぱりダブルスなので流れが行き来することはあると思うので、落ち着いてプレーできたのは良かったですね。

安上 ファーストセットを取っているということもあったし、セットでもリードしていたので、相手に元気が戻ってきていることを感じていたんですけど、焦ることはなくプレーできたと思います。

――ストレートでの完勝というかたちになりましたが、プレー面での出来栄えはいかがでしたか

安上 今日は良かったですね。僕たちのミスも少なかったので、出来は良かったと思います。上出来とまではいかないですけど、悪くはなかったと思います。

古賀  控えめにね(笑)。あしたは「上」を付けたいですね。

――決勝は昨年の夏関で敗れている木元・田中優組ですが、臨むにあたっての心境はいかがですか

安上 もう勝ちます!勝ちたいです!

古賀 勝ちたいね。でも、強いです(笑)。なので、僕らが正直70、80パーセントのプレーをし続けないと絶対にチャンスは来ないと思います。2人で話していたんですけど、ゾーンに入るというか、常に100パーセントに近いパフォーマンスを出す、それしか勝つ方法はないと思います。

――泣いても笑ってもあすがインカレ最後の試合となります。意気込みを一言お願いします

安上 楽しみます。勝てるかどうかはわからないですけど、個人戦最後の試合なので、精一杯やりきって楽しみたいです。

古賀 学生最後の個人戦で早稲田同士で決勝ができるというのはすごく嬉しいことなので、できる喜びを感じつつも、敵は敵なので、しっかりと勝ちたいと思います。勝っても負けてもよかったなと思えるゲームしたいと思います。

木元風哉(社3=埼玉・早大本庄)田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)

――決勝進出を決めました。率直な心境としては

田中優 素直に、ホッとしています。

木元 僕は嬉しいです。

――関大ペアに対してのゲームプランや、意識したことというのはありますか

木元 対策はまあ、やりながらという感じでしたね。きのうの自分たちの課題というのは頭に入れて、リターンとかをできるだけ早く修正できるようにということは心掛けました。

田中優  正直な話、対策はあまりしていなくて、出だしがなあなあになってしまったかなというのが正直な感想です。

――ファーストセットを振り返っていかがですか

田中優  最初にブレークをされてしまったんですけど、センターコートということもあってすごく球が遅くて。1回のブレークぐらいでは焦ることなく入れたのが良かったかなと思います。

木元 ブレークされたあとすぐにブレークバックできたのが良かったですね。

――セカンドセットでは6−0と圧倒しましたが、勢いに乗れたポイントなどはありましたか

田中優  僕個人的にはファーストゲームのデュースで相手の良いサービスを木元がストレートのリターンエースを決めてくれて、そのあと自分もファーストサーブをバックストレートで決めて。リターンゲームで、相手のファーストサーブを2本リターンエースを決めることができたっていうことが相手にプレッシャーを掛けられましたし、僕たち自身も乗れたかなと思います。

木元 ファーストゲームでブレークに成功して、そのあとはキープをして、そのあとのゲームもブレークできて、どんどん波に乗っていけたかなと思います。

田中優  いい波乗ってんねぇ。

木元 静かにして。

――決勝の相手は昨年の夏関で破っている古賀・安上組です。当時に比べ成熟度も上がっていると思いますが、あすの決勝に向けて一言お願いします

田中優 相手はとても強くて、去年の夏関のようにはいかないと思うので、1ポイント1ポイント僕たちのできることをやっていきたいと思います。

木元 インカレの決勝の舞台で当たれるということは嬉しいですし、いいプレーをして、いい試合をしたいです。