全日本学生選手権(インカレ)大会6日目は各種目が準々決勝までを行い、この日でベスト4が出そろった。男子ダブルスでは第1シードの田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)・木元風哉(社3=組、第4シードの古賀・安上組がそれぞれスーパータイブレークまでもつれた激戦を制し、ベスト4進出を決めた。一方、男子シングルスの田中優は準々決勝で川橋勇太(筑波大)に接戦の末に敗れ、ベスト8で敗退。早大の男子シングルス勢はこの日をもって全選手が大会から姿を消すこととなった。

★田中優は筑波大・川橋にリベンジを果たせず(男子シングルス)


またも川橋のカベに阻まれた田中優

 男子シングルスの準々決勝で田中優は春関で敗れていた川橋と再び相まみえた。「3回ぐらいやって一度も勝てていなくて、相手は強いってわかっていたので、ここまできたら僕もチャレンジャーの気持ちでいく」と臨んだ田中優。ファーストセット序盤は長いラリー戦の粘り合いが続き、互いにサービスキープをする展開が続く。しかし、田中優のミスも目立ち始め、徐々にラリー戦で川橋が優勢を保つようになると、ゲームカウント2−3で迎えた第6ゲームから3ゲームを立て続けに奪われ、このセットを献上した。それでもセカンドセットに入ると田中優持ち前のショットの強さが戻り始め、ゲームカウント1ー1から2ブレークを含む5ゲームを連取。セカンドセットは6−2で奪い返し、セットカウントをイーブンに戻した。迎えた勝負のファイナルセットでは田中優第5ゲームにブレークに成功したものの、川橋がすぐさまブレークバック。続くゲームでも田中優がブレークを奪い優位に立ったが、「ブレークをされた瞬間にギアが上がるのが僕自身わかって。そこでリターンも良いしプレッシャーを掛けられた」(田中優)と、川橋の正確かつ強力なリターンに苦しみ、サービスキープをさせてもらえず。最後は川橋がワンブレーク上回り、惜しくも敗戦。春関のリベンジを果たせずに終わった田中優だが、「シングルスは久々にいいプレーで最後までやり切れたかなと思います。今の自分に出来る最大限のことはやったんじゃないかなと思います」(田中優)。ベスト8にとどまるかたちとなった今大会だが、春関でストレート負けを喫していた川橋に対し勝利にあと一歩まで迫るなど、田中優にとって収穫のある大会となった。

★古賀・安上組、木元・田中優組がスーパータイブレークを制しベスト4入り!(男子ダブルス)


 関東学生トーナメント(春関)王者に大金星を挙げた畠山尚(スポ2=神奈川・湘南工大付)・増田健吾(社1=東京・早実)はベスト8入りを懸けて3回戦へと臨んだ。しかし、ペアが得意とするサーブアンドボレーで食らいついたものの、再三のブレークチャンスを得ながらもものにすることはできず。ファースト、セカンドセットともにワンブレークダウンでのストレート負けを喫し、畠山・増田組の初挑戦となったインカレでの戦いは幕を閉じた。それでも予選では1回戦で春関初戦で敗れていた中川舜祐・大野文也組(法大)をストレートで破るなど強敵を撃破し本戦へ。本瀬でも2回戦で春関王者の川橋勇太・加藤拓巳組(筑波大)に対し大金星を挙げベスト16入りを果たす大健闘。畠山・増田組の堂々たる戦いぶりは早大に明るいインパクトを残した。

  初のタイトル獲得を目指す古賀・安上組は昨秋の関東学生リーグで敗れていた杉山・小峰組(中大)と対戦した。ファーストセットでは安上のリターンが光り第3ゲームで幸先良くブレークに成功すると、ペアの持ち味である古賀の力のあるサーブでキープを続け、このセットを6−3で先取。「僕らから勢いよくいけていたので、狙い通り試合を進められた」(古賀)とセカンドセットでも試合を優位に運んだ古賀・安上組はカウント5−5で迎えたリターンゲームでブレークに成功。しかし、サービングフォーザマッチで迎えた続くゲームでマッチポイントを握りながらもブレークを許すと、その後のタイブレークも落とし、土壇場で試合は振り出しに。暗雲が立ち込める中で迎えたファイナルのスーパータイブレークだったが、「1ポイント目に古賀がサービスエースを決めてくれたのと、2-1にした時の僕のボレーが思い切りいけた」(安上)と序盤で流れをつかんだ古賀・安上組が10−3で制し、準決勝進出を決めた。

 準々決勝で強敵・楠原悠介・岡垣光祐 (法大)組と対戦した田中優・木元組。ファーストセットは「サーブも良かったし、前衛もうまかったので、仕方ないといえば仕方ないんですけど、リターンでのミスが多すぎた」(田中優)と語るように、リターンゲームでチャンスを見出せず。互いに全てのゲームをキープして迎えたタイブレークを5−7で落とし、劣勢に立たされた。それでもセカンドセットでは「僕らのポジションを下げたりだとか、ロブを多めに使うことで良くなった」(田中優)とファーストセットで多く見られたリターンミスの修正を図った木元・田中優組。「リターンミスでポイントを落とすことは少なくなっていたので、チャンスは来る」(田中優)とサービスゲームを手堅くキープし続け迎えた第8のリターンゲーム。長いデュース戦の末にこの試合両ペアを通じて初めてとなるブレークを奪い、このセットをものにすると、ファイナルセットのタイブレークも10−6制した木元・田中組が見事ベスト4入りを果たした。

(記事 林大貴、写真 吉田優)

結果

男子シングルス
▽準々決勝
●田中優之介 [2−6、6−2、4−6] 川橋勇太(筑波大)


男子ダブルス
▽3回戦
●畠山尚・増田健吾 [4−6、4−6] 平川暉人・中山瑠樹亜(関大)
●千頭昇平・白石光 [6(1)−7、7−5、5−10] 鈴木保貴・柚木武(法大)

▽準々決勝
◯木元風哉・田中優之介 [6(5)−7、6−3、10−6] 楠原悠介・岡垣光祐 (法大)
◯古賀大貴・安上昂志 [6−3、6(2)–7、10−3] 杉山和誠・小峰良太 (中大)

コメント

古賀大貴副将(スポ4=大分舞鶴)・安上昂志(スポ4=福岡・柳川)

――昨日、今日の3試合を通して調子はいかがですか

安上 テニスの調子はすごく良いわけではないです。でも気持ちの面では接戦になってもリラックスしてやれています。最後のインカレだけど、最後だからこそかもしれないですけど、あまり緊張せずに楽しめているので、トータルすると調子は良いかなという感じです。

古賀 僕はテニス自体もそんなに悪くはないですね。気持ち的にも結構強気にどの試合もいけています。あとサーブの調子が今大会は結構良いので、それで自分のサービスゲームがかなり楽に入れていると思います。

――準々決勝の杉山・小峰組(中大)は昨秋のリーグで敗れて以来の対戦でした

古賀 そうですね。向こうがすごく勢いを出してくるペアなので、僕らが先に仕掛けて向こうの勢いを止めようと試合前に話していました。実際、試合でも僕らから勢いよくいけていたので、狙い通り試合を進められたかなと思います。

――ファーストセットを振り返って

安上 最初のリターンゲームでブレークできて出だしがよかったんですけど、やっぱり僕のサーブでブレークされちゃったのでそこは申し訳なかったです。でもその後のゲームですぐブレークして5-3にできたし、今大会はブレークされた直後にブレークバックできているので、そこはすごくいいですね。それに救われている部分も多いんですけど、やっぱりキープは確実にしていきたいです。僕のサーブの確率が悪かったり威力が古賀に比べてなかったりするので・・・。たまたまでもいいから入ってほしい(笑)。

古賀 念じよう(笑)。

安上 まあでも今回は古賀のサーブがいい分、僕も楽に打てるので助けられていますね。

――セカンドセットは後半流れが悪くなってしまいました

古賀 最後のサービスゲームは二人で意識しちゃって、若干負のオーラもあったよね(笑)。

安上 30-0までいってマッチポイントもあったのに僕がミスして落としちゃったんで、あぁこれはダメだなという感じでタイブレークまで入っちゃいました。

古賀 向こうも4年生で最後のインカレで「楽しもう」とずっと言いながらやっていたので、向こうの思い切りがよかったと思います。

――そんな悪い流れをスーパータイブレークでは見事断ち切りました

安上 最初はちょっとドキドキしていたんですけど、1ポイント目に古賀がサービスエースを決めてくれたのと、2-1にした時の僕のボレーが思い切りいけたので、あっ全然できるじゃんと分かってからは結構気楽にいけました。

――準決勝、決勝に向けてはいかがでしょうか

古賀 まずは明日(準決勝)だね。代は被っていないんですけど、相手ペアの片方が僕の高校(大分舞鶴)の後輩なんです。

安上 対戦したことはないけど、しっかり自分たちのやることをやれれば勝てると思います。

古賀 ストレートで勝ちたいね。

安上 そうだね。いつもファースト取ってセカンド落としてファイナルで、って感じなので、その後につなげるためにもストレートで勝ちたいと思います。

木元風哉(社3=埼玉・早大本庄)田中優之介(スポ3=埼玉・秀明英光)

――試合を振り返って一言お願いします

木元 一言で言えば、勝てて良かったです。同時に、めっちゃきつかったですね。

田中優  振り返ってれば勝てたことは良かったんですけど、修正するのが遅すぎたというのはあるので。あすも強敵なので、この反省を生かして頑張ります。

――試合中に上がった課題というのは

田中優 リターンゲームでのミスが多すぎたっていうのがありました。

――どういった部分を修正したのでしょうか

田中優 僕らのポジションを下げたりだとか、ロブを多めに使うことで良くなったかなと思います。

木元 それでリターンが通るようになって。ずっとリターンミスで終わっていたのが、ロブを打つことでラリーができるようになって、徐々にポイントが取れるようになりました。

――セカンドセットの4−3からブレークに成功しましたが、修正が生きたかたちでしょうか

田中優  そうですね、セカンドセットの最初の方からブレークはできていなかったんですけど、リターンミスでポイントを落とすことは少なくなっていたので、チャンスは来るなと二人で話していて、それが実ったという感じですね・

――互いにサービスキープの続く我慢の展開ではどういった意識でプレーしていましたか

木元 きょうはブレークをされたら厳しい展開というのはわかっていたんですけど、キープもしっかりとできていたので。

田中優 ブレークポイント1本しかなかったかな。

木元 サービスゲームを落としそうという不安はそんなになかったですね。リターンで苦戦しすぎたので(笑)。

田中優 相手のサーブも良かったし、前衛もうまかったので、仕方ないっちゃ仕方ないんですけど、もうちょっと早くいけていたらなと思います。

――春関以降しばらくペアを組むことがなかったとおっしゃっていましたが、インカレで久々に組んでみていかがですか

田中優 最高です!

木元 僕も最高です!って言っておこうかな(笑)。

――田中優選手はシングルスの方は川橋選手に敗れるかたちとなりましたが、振り返って

田中優 春関で結構ボコボコにされていて。3回ぐらいやって一度も勝てていなくて、相手は強いってわかっていたので、ここまできたら僕もチャレンジャーの気持ちでいくっていうのでやっていたんですけど、ファーストセットはなんとかキープをして、リターンゲームを全然取れないという状況が続いて相手が乗ってしまって、2−3からトントンといってしまったんですけど。そこで暑くて体もきつかったんですけど、落ちずに最後まで戦えたことは収穫で、シングルスは久々にいいプレーで最後までやり切れたかなと思います。今自分に出来る最大限のことはやったんじゃないかなと思います。

――ファイナルセットでリードした状況でサービスゲームをキープできない場面が続きましたが、その場面の攻防を振り返っていかがですか

田中優 川橋さんもITFの大会で優勝するぐらいの実力の持ち主なので、ちょっと落ち気味だったと思うんですけど、ブレークをされた瞬間にギアが上がるのが僕自身わかって。そこでリターンも良いしプレッシャーを掛けられて、強い人は違うなと思わされましたね。

――ペアとしてベスト4入りを決めました。タフな試合が続くと思いますが、今後の試合に向けて一言お願いします

田中優 あとたった2個なんで。もう、ね?

木元 逆の山も古賀さんと安上さんが残っているので、2組で勝ち残って、最後は夏関の再現をして。まずあしたなんですけど、あわよくば決勝で当たりたいですね。

田中優 優勝します!