サウサンプトンの吉田麻也が、8月17日に行なわれたリバプール戦で先発に復帰した。

 1週間前に行なわれたプレミアリーグ開幕戦のバーンリー戦でベンチスタートを命じられた吉田は、最後まで出番がなかった。その結果は、0-3の完敗。開幕戦で3バックのCB中央を務めたジャック・スティーブンスは今節でベンチ外となり、代わりに吉田が先発に選ばれた。



今シーズン初出場を果たした吉田麻也

 開幕戦後に「プレミアリーグが恋しい」と漏らしていたように、日本代表DFにとっては久しぶりの公式戦出場となった。4月下旬に患った肺炎の影響で昨シーズンのラスト3試合を欠場したため、実戦は4月23日のワトフォード戦以来、実に4カ月ぶり。シーズンオフを挟んだとはいえ、ピッチ上で吉田の勇姿を久しぶりに見ることができた。

 肝心の試合は、欧州王者リバプールのペースで進んだ。モハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの強力3トップを擁するリバプールは、6割強のポゼッションをキープしながらサウサンプトン陣内へと押し込んだ。

 ただ、試合の3日前にトルコのイスタンブールでUEFAスーパーカップを戦った彼らの動きは、いつもより重かった。延長戦を含めた120分間でも決着がつかず、PK戦の末にチェルシーを下した体力面の影響はやはり大きかったようだ。吉田も「あれだけ(120分間もスーパーカップで)戦ってきて、移動もあった。しかも、今日のサウサンプトンは暑かった。前半のリバプールは、かなり重そうだった」と、立ち上がりの印象を語った。

 それでも、リバプールは一瞬のスキを見逃さない。DFヤン・ベドナレクの寄せが甘くなったところを突き、マネが右足を一閃──。前半アディショナル・タイムでの失点に悔しさを露わにした吉田も、「前半の最後のところで失点したのは痛かった。0-0が長く続いていれば、後半に相手も疲弊し、さらにチャンスができたんじゃないかなと思います」と嘆いた。

 久しぶりの実戦だったせいか、その吉田も立ち上がりは動きに硬さが見え、前半6分にはMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンにパスをカットされ、ピンチを招きそうになった。しかし、試合が進むにつれ、動きは軽快に。最終ラインを統率しながら、CFフィルミーノとのマッチアップに勝利したり、クロスボールをカットしたりと、DFとしての職務をこなしていった。CKに合わせた打点の高いヘディングシュートはGKにブロックされて得点にならなかったが、攻撃面でも存在感を示した。

 ただ、吉田が手を焼いていたのが、何度も何度もDFラインの背後に抜けようとするFWサラーへの対応だった。昨シーズンのプレミアトップタイとなる22ゴールを叩き出したエジプト代表FWは、最終ライン付近を徘徊しながらラインブレイクのチャンスをうかがっていた。

 サラーが前方に走り出すと、吉田も一定の距離を保ちながら後方に下がってケア。ほかのCBと連動しながら対応していたが、それでもシュートを許すシーンは何度かあった。試合後、サラーについて聞いてみると、よほど対応が大変だったのか、吉田はしんどそうな表情を浮かべて次のように語った。

「(リバプールに)もっといいパサーがいたら、ホントに厄介でした。今日はリバプールのテンポがあまり上がってなかったから、こちらの対応は割とよかったと思いますけど、それでも何回か裏を取られて危ないシーンがあった。僕らもラインを高く保っていたんですけど、向こうもかなりラインを高く保っていて、お互い『そこの裏のスペースにいかにボールを配球できるか』というのがカギになるなと思っていた」

 試合は0-1で進んでいったが、後半26分にベドナレクが自陣でボールを奪われたのが発端となり、サウサンプトンは追加点を許してしまう。試合終盤にリバプールのGKアドリアンのキックミスから1点を返したものの、サウサンプトンは1-2で敗れた。

 吉田は今季初出場となった試合を、次のように振り返った。

「ゲームに入っていくなかで徐々に慣れて、試合勘を取り戻していった。後半、すごくやりやすくなったなと思いました。ただ、後半の途中からのプレーを立ち上がりからバンバンできるようにならないといけない。こうやってチャンスをもらったときに結果を出せるようにならないと、またベンチに戻ることになる。

 試合について? 前半もチャンスがあったかなと思います。自分自身のシュートもそうですし、失点も防げたんじゃないかと。そういう場面がたくさんあった。後半、サウサンプトンにもチャンスがあったし……。でも、こういうところを取りこぼさないのが、リバプールは強いチームだなと。逆にサウサンプトンは、僕自身もそうですけど、そういうところで一歩足りないところが多いなと感じました」

 なにより驚いたのは、試合前日まで吉田がサブ組でトレーニングを積んでいたと、本人が明かしたことだった。バーンリー戦で守備が崩壊したことを受け、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督はすぐにメンバー交代に踏み切ったと思っていたが、吉田によると「(先発は)本当にサプライズだった。試合前日まで、ずっと練習でサブ組だったから。『また出ないだろうな。我慢だな』と思っていたら、急に金曜にスタメン組になった」と言う。

 一方のハーゼンヒュットル監督は試合後の会見で、「今回のリバプール戦はCBのポジションに吉田のような経験のある選手がいることが大事だと思った」と説明。さらに、「昨シーズンのホームで戦ったリバプール戦(1-3で敗戦)は、最終ラインを今日の試合と同じメンバーで戦った。この試合の出来が非常によかった。今日も、ほとんどの時間でいいプレーができていた。試合に敗れた理由はディフェンスではない」と評価した。

 昨シーズンの吉田は、ハーゼンヒュットル監督のもとでレギュラーとして稼働した。その日本代表DFが今季、開幕戦で先発から外れたように、監督の頭のなかでCBの序列は完全に定まっていないのだろう。

 ただ、善戦したリバプール戦を受け、ハーゼンヒュットル監督が吉田を再評価したのは間違いない。果たして、次節ブライトン戦はどのようなメンバーで臨むか。吉田は、「また次はどうなるか、わからない。(次節まで)1週間いいトレーニングをする」と気を引き締めていた。