◯卓球

男子ダブルス決勝は、加山・曽根(愛工大名電・愛知)と戸上・宮川(野田学園・山口)が対戦。

愛工大名電としてダブルス五連覇がかかった加山・曽根ペアでしたが、

1ゲーム目から主導権を握ったのは戸上・宮川ペア。

2ゲーム目も9得点を連取するなど、終始試合を支配した戸上・宮川ペアが3ー0のストレート勝ち。

野田学園が優勝を飾りました。

女子ダブルス決勝は、大川・本井(四天王寺・大阪)と高田・岡田(明徳義塾・高知)の対戦。

大川・本井ペアが1ゲーム目、2ゲーム目を先取しますが、

3ゲーム目、4ゲーム目は高田・岡田ペアがとり、勝負の行方は5ゲーム目へ。

勝負を制したのは大川・本井ペア。ノーシードから、見事優勝を飾りました。