18日、札幌競馬場で行われた11R・札幌記念(G2・3歳上オープン・芝2000m)で3番人気、川田将雅騎乗、ブラストワンピース(牡4・美浦・大竹正博)が快勝した。クビ差の2着にサングレーザー(牡5・栗東・浅見秀一)、3着に1番人気のフィエールマン(牡4・美浦・手塚貴久)が入った。勝ちタイムは2:00.1(良)。

 2番人気で福永祐一騎乗、ワグネリアン(牡4・栗東・友道康夫)は、4着敗退。

【北九州記念】ダイメイプリンセスが混戦に断!外から突き抜ける

ハービンジャー産駒 ブラストワンピース

 昨年の有馬記念以来、ここ2戦勝利から遠ざかっていたブラストワンピースが復活の勝利を飾った。最内枠を生かし終始インのロスのないポジションでレースを進めると、直線入り口でも狭い内をこじ開けるように進路を切り開き、先に抜け出したサングレーザーをゴール前で見事に捉えた。

ブラストワンピース 10戦6勝
(牡4・美浦・大竹正博)
父:ハービンジャー
母:ツルマルワンピース
母父:キングカメハメハ
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ブラストワンピース
2着 サングレーザー
3着 フィエールマン
4着 ワグネリアン
5着 ペルシアンナイト
6着 エイシンティンクル
7着 クロコスミア
8着 クルーガー
9着 ステイフーリッシュ
10着 ゴーフォザサミット
11着 ロードヴァンドール
12着 ナイトオブナイツ
13着 サクラアンプルール
14着 ランフォザローゼス