<写真・8強入りを果たした吉田>

 8月17日、岐阜メモリアルセンターにて2019年度全日本学生テニス選手権大会(本戦)が行われた。5日目のきょうは、女子シングルスの本戦4回戦と男子ダブルスの本戦3回戦が行われ、関学からは吉田(国3)、栗山(商4)・天野(文4)組が出場した。吉田は第1セット、いきなりサービスゲームをブレイクされるも、すぐさまブレイクバック。その後は着実にサービスゲームをキープし、6-4でセットを獲得した。迎えた第2セットは、相手を左右に揺さぶり圧倒。中盤で相手に巻き返しを食らうも、落ち着いてポイントを重ね、6-4で逃げ切り、ストレート勝利で8強入り。準々決勝進出を果たした。一方、栗山・天野組は、身長190㌢超えの相手の放つ強烈なサーブに終始苦戦。第1セットは1-6と圧倒された。しかし、第2セットは一転、両者ともブレイクを許さない大接戦となり、勝負はタイブレークに。しかし、序盤で3ポイント連続で先取されると、追い上げも虚しく、ストレート負けを喫し、3回戦敗退に終わった。これによって、関学男子は全選手が敗退となった。

女子シングルス本戦4回戦

吉田 2-0{6-4、6-4}

男子ダブルス本戦3回戦

栗山・天野 0-2{1-6、6(3)-7}

試合後のコメント

女子シングルス本戦準々決勝進出を決めた吉田安佐「第1セットは、リードされた展開からばん回できて良かった。でも、第2セットは3回戦と同じように、4-1から4-4まで追い上げられてしまった。それでも去年の壁を越えられたのはうれしい。(次戦に向けて)次の相手は何度も対戦していて、相手も作戦を立ててくると思う。昨年から負けが続いている相手なので、冷静にプレーしつつ、4度目のリベンジを果たしたい」

ダブルスで3回戦敗退となった栗山拓也「自分は出だしが良くなくて、得意のボレーでミスをしてしまった。それでも第2セットは切り替えられたが、リターンゲームに関してはもっと余裕を持ったプレーができたら良かったと思う。夏関まであまり時間がない中で、この状態をキープしたい。夏関に関しては、結果よりも、一つ一つの試合に集中して、課題をクリアできれば、リーグ戦にもつながると思う」

ダブルスで軽快なフットワークを見せた天野司基「全体的に自分たちのサービスゲームはきっちりとしたプレーができていたと思う。第2セットでは、相手のボールにも対応し、自分たちのプレーをすることができた。負けてしまったが、気持ちは落ちずに、夏関優勝に向けた自信になった。夏関ではダブルスで、昨年の本間さん(19年経卒)の結果を越える、優勝をしたい。リーグ戦ではダブルスを全勝して、チームに勢いをつけられるようなプレーをしたい」