写真=Getty Images

金曜日にはスペイン代表とエキシビションゲーム

スーパースターたちが相次いで出場を辞退する事態に見舞われながらも、アメリカ代表は強力なロスターを組んで今月末から中国で開催されるFIBAワールドカップに臨もうとしている。

しかし、8月14日に行われた実戦形式の練習で、Gリーグでプレーしている選手が中心のチームに17-36で敗れる波乱が起こった。

今大会に派遣されるグレッグ・ポポビッチが率いるチームを相手にアップセットを起こしたセレクトチームの多くは、ワールドカップ予選を戦ったアメリカ代表の選手で構成され、予選の時と同様にジェフ・ヴァン・ガンディが指揮を執った。

チームケミストリーという部分では、現段階ではポポビッチのチームよりも完成度が高かったのだろう。しかし、いくら練習試合とはいえ、NBAチームのローテーションに入っていない選手で構成された格下に敗れてしまえば、今回の代表の力が疑われてしまいかねない。

チームUSAは、8月16日にアナハイムでスペイン代表とエキシビションゲームを行い、その後オーストラリアに移動して調整を続ける。

今回の練習試合で改善点を見つけ、大会までに修正できなければ、3連覇に黄色信号が点灯してしまうかもしれない。