リオデジャネイロ五輪・競泳日本代表選手の入江陵介が8月14日、ツイッターを更新。メダルを獲得できずに終わった今大会を振り返った。

競泳の全日程が終了したことを報告する入江。「悔しい成績しか残す事が出来ず申し訳ないです。」と悔しさをにじませる。「たくさんの応援、サポート本当にありがとうございました。」と続け、声援を送ったファン、自身を支えた人々に感謝の言葉をつづった。

今大会で入江は、前回のロンドン五輪でメダルを獲得した100メートルと200メートル背泳ぎ、400メートルメドレーリレーの3種目に出場したが、最高成績はメドレーリレーでの5位。表彰台へ上がることはできなかった。

ファンからは、「お疲れさまでした!」「江くんの泳ぎにたくさんの感動をもらいましたよ!」「胸張って帰って来て下さいね!」「これまで4年間の努力は金メダル級に値すると思います!」「入江くんが出てくれるだけで競泳は楽しくなる!」「次は東京オリンピックがんばってください!」などのコメントが寄せられていた。

入江陵介 参考画像(2016年4月5日)(c) Getty Images

入江陵介 参考画像(2016年4月5日)(c) Getty Images

【リオ2016】競泳・入江陵介「申し訳ない」…メダルなしで終えたオリンピック

【リオ2016】競泳・入江陵介「申し訳ない」…メダルなしで終えたオリンピック