2019年8月、全4話で構成される「三井不動産 Presents CRAZY ATHLETES 宮澤夕貴」。インタビュー企画では、彼女のバスケットボール人生から一部が切り取られ、日本代表でのチームの裏側も明かされる。

彼女のハートに切り込んだのは、元バスケットボール女子日本代表の原田裕花(はらだ・ゆか)氏だ。

またインタビュー全体を通じて、日本代表のエースとしての自覚と責任感、日の丸を背負う覚悟を感じとったという、原田氏。2020年に向けての期待はもちろん、トム・ホーバスHCとの関係性にも着目した。指揮官の厳しい言葉を宮澤自身が己の中で消化し理解し、信頼し合える信頼関係にも注目してほしい。

2019年8月23日(金)お昼12時から「スポーツブル」内の「特集」ページで公開予定「三井不動産 Presents CRAZY ATHLETES 宮澤夕貴 vol.3」では、日本女子バスケ界の底力が垣間見れる映像に構成されている。日本女子バスケ界の強さ、強靭なスタミナの原動力は、CRAZY ATHLETES・宮澤夕貴の笑顔だ。

文/スポーツブル編集部

宮澤夕貴Profile

宮澤夕貴(みやざわ・ゆき)1993年6月2日生まれ、身長182cm。足のサイズは28cm。神奈川県立金沢総合高校ではインターハイなど数々の大会で功績を残し、高校バスケ界で頭角を表す。Wリーグでは、JXエネルギー(株)に所属している。バスケットボール女子日本代表候補選手として、ホーバスHCからの信頼も厚い。東京五輪へ向けて期待のかかる女子バスケ界においても、今注目のアスリートだ。

【主な大会の成績】全国高等学校総合体育大会(インターハイ)優勝(2011年)皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会ベスト8(金沢総合高2012年)U-16アジア選手権準優勝(2009年)U-17世界選手権5位(2010年)U-18 3×3世界選手権3位(2011年)東アジア競技大会準優勝(2013年)リオデジャネイロオリンピックベスト8(2016年)FIBA女子アジアカップ優勝(2013年・2015年・2017年)Wリーグ優勝皇后杯全日本総合バスケットボール選手権大会優勝

インタビュアー/原田裕花 Profile

原田裕花(はらだ・ゆか)1987年日本リーグ優勝、新人王獲得。89年オールジャパン優勝、日本リーグ優勝。90年シンガポールアジア選手権3位、92年ソウルアジア選手権3位、オールジャパン準優勝。94年広島アジア大会2位。96年、アトランタオリンピック代表選手として7位入賞という記録を持ち、小学校から日本代表までの所属したすべてのチームでキャプテンを務めた経歴を持っている。現在は、スポーツ解説など、コメンテーターとして多岐に渡って活躍中。