兄はいつも弟の視線を背中に感じてきた。

「ずっとアイツのなかでは、僕が憧れの選手だったみたいです。僕が中学生の時、ボーイズリーグの試合で、甲子園球場で1日2本塁打を打ったことがあって、それを小学生だったアイツが見ていた。それが強いインパクトとして残っているみたいです。今でも『まだまだお兄ちゃんには敵わない』とか言ってきたりしますし、結構かわいいところがあるんですよね」

 現在、ロッテに在籍する東妻勇輔は、智弁和歌山でプレーする弟・純平の話題になると、途端に相好を崩した。マウンドで「オリャ―」と雄叫びを上げて投げる威勢のいい姿とも、取材時に記者たちに見せる人懐っこい表情とも違う柔和なまなざしに、弟への強い愛を感じた。



攻守でチームを引っ張る智弁和歌山の東妻純平

 ふたりは歳が5つ離れている。勇輔が野球を始めたのは小学2年の時。その後、勇輔の2歳下の妹も同じチームに入団したこともあり、東妻家の週末は野球場で過ごすことが多かった。

 そんな環境のもと、純平も自然ななりゆきで小学1年の時に野球を始める。中学では勇輔と同じ和歌山の紀州ボーイズに進み、遊撃手としてチームの中心選手となった。そんな弟の活躍は、当時、日体大でプレーしていた勇輔の耳にも届いていた。

 冬のある日、正月休みで和歌山の実家に帰省した勇輔は、紀州ボーイズのOB会の催しで、当時中学3年だった純平と対戦することになった。勇輔が振り返る。

「打たれましたよ(笑)。球種は、たしか真っすぐでしたね。自分が大学に入って、ちょうどリーグ戦でも投げ始め、自信もついてきた頃。冬のボールを投げていない時期とはいえ、いま広島にいる林晃汰と純平のふたりに打たれた。

 純平には右中間に持っていかれた。基本的に純平は逆方向(ライト方向)の打球がよく伸びるので、完璧に打たれました。(対戦前から)実力はあると認めていたんですけど、『これほどとは……』と正直、思いましたね」

 兄の前で弟が初めて非凡な才能を見せた瞬間だった。

 その数カ月後、純平は智弁和歌山に進学することになる。こちらも、かつて兄が進んできた道だ。

「もともと純平は内野手だったんです。だからバッティングぐらいしか教えることがなかったんですけど、高校に進んでキャッチャーを任されるようになって、守備のこととか、いろいろとアドバイスを求めてくるようになりました。『ピッチャーとしてどういうキャッチャーがいい?』とか。現監督の中谷仁さんに怒られた時は『どうしたらいいのかわからない』と悩んでいた時期もありました」

 そんな弟からの質問に、勇輔は親身になって答えた。

 それから数カ月が経ち、勇輔は教育実習で母校である智弁和歌山を訪れた。純平と会うのも久しぶりだったが、その時の弟の姿がとても印象的だったと言う。

「1カ月ほど野球部の練習に参加させてもらって、ずっと見ていたんですけど、純平はいつも最後まで残って練習していました。(監督やコーチから)一番怒られていましたけど、どうやったらうまくなるのかをずっと考えていました。その時に考え方も含め、大人になってきたなと強く感じました」

 そしてこう続けた。

「純平は練習の虫というか、やりすぎて悩んでしまうようなところがあります。僕はどちらかというと逆で、『どうにかなるだろう』という考えだし、あまり自分が練習している姿を見せない感じでした。自分で言うのもなんですけど、(弟や周りの人には)センスでやっているように見えていたと思うんです。その点、純平は積極的に練習に取り組める選手でしたし、そこは弟とか関係なく素直に尊敬します」

 内野手からキャッチャーに転向して約2年半。人には言えない苦労もあったろうが、気がつけば「ドラフト上位候補」「高校ナンバーワン捕手」とスカウトやメディアから言われるようになっていた。

 夏の甲子園初戦で、智弁和歌山は米子東(鳥取)と対戦した。純平は「6番・捕手」で出場し、4回に先制のタイムリーを放つと、6回には右中間に勝ち越しのタイムリー三塁打を放つなど3安打2打点の活躍でチームの初戦突破に貢献した。

 つづく2回戦の明徳義塾戦でもホームランを含む4打数2安打。守っても矢田真那斗、池田陽佑の両投手をうまくリードし、明徳打線を1失点に抑えた。そして3回戦の相手は、大会ナンバーワン投手の呼び声が高い奥川恭伸(やすのぶ)を擁する星稜(石川)だ。

 勇輔が期待するのは、もちろん自身が高校時代に果たせなかった全国制覇。そして秋にはドラフト会議も待っている。弟のプロ入りについて、勇輔はこう語る。

「プロに入って、思うようにいかず悩みすぎる不安があります。日頃あまり悩んだりしない僕ですら、プロに入っていろいろと悩むことがあったのに、純平はもっと考え込んでしまうタイプじゃないかなって……。ただキャッチャーって、ほかのどのポジションよりも考えなければいけない。そういう点では、もしかしたらアイツのような性格のほうが向いているかもしれないですね」

 年末に帰省した時、純平がマスクをかぶり、勇輔のボールを受けたという。そんなシーンがプロの世界で実現するのか。そんな日が来るのを兄は心待ちにしているが、その前に自身が高校時代に果たせなかった全国制覇の夢を弟に託す。