◯柔道

競技最終日、女子個人決勝。

63kg級は山口葵良梨(大牟田・福岡)と小齊穂奈美(富士学苑・山梨)選手の対戦。

開始14秒、鮮やかな払い腰で一本。山口選手が優勝を飾りました。

70kg級は朝飛真実(桐蔭学園・神奈川)と山本杏(藤枝順心・静岡)の対戦。

開始直後から朝飛選手が積極的に攻め、山本選手に指導が入ります。

その後激しい攻防が続きますが、1分37秒、朝飛選手に技あり、

さらに山本選手に再び指導。そのまま試合が終了。

朝飛選手の優勢勝。見事優勝を果たしました。

続く78kg級は、

黒田亜紀(富士学苑・山梨)対 池田紅(藤村女子・東京)。

序盤から、黒田選手が積極的に攻め、池田選手に指導が入ります。

その後も黒田選手の攻めが続き、再び指導。

後がない池田選手も積極的に攻め、激しい攻防を繰り広げますが、

開始2分46秒。池田選手への三度目の指導により、

黒田選手が勝利を収め、優勝を果たしました。

78kg超級決勝は、

平野友萌(富士学苑・山梨)と米川明穂(藤枝順心・静岡)の対戦。

両者手を出し合いますが、決め手に欠け、開始1分25秒、両者に指導。

その後も決まらず、延長戦に。延長25秒。

米川選手が見事な払腰で勝利。優勝を果たしました。