8月10日に行なわれたエールディビジ第2節「フローニンゲン対トゥウェンテ」は、再三VARの介入によってストップしたことで、徐々に試合は荒れていってしまった。40分にはトゥウェンテのカウンターを故意のファウルで止めたMFラモン・パスカル・ルンドクヴィストが、前半アディショナルタイムには相手のすねにスパイクを入れたDFミケ・テ・ウィーリクが退場となり、フローニンゲンは9人になった。



オランダで初めてチャプテンマークを巻いた堂安律

 テ・ウィーリクはフローニンゲンのキャプテンだ。レッドカードをもらってロッカールームに引き上げる際、デニー・バイス監督が「律だ!」と叫ぶと、キャプテンマークはテ・ウィーリクからMF堂安律へと渡った。

「あ、俺か!?」。堂安はビックリしたという。主将退場というアクシデントがあったとはいえ、堂安はオランダリーグ3年目で初めてキャプテンを任された。

 9人で後半を戦うフローニンゲンは自陣に後退して守備を固め、試合を0−0のまま進めながら終盤のワンチャンスを待ちながら戦った。しかし、55分にトゥウェンテのFW中村敬斗にFKを直接決められ、先制ゴールを与えてしまった。さらに70分にはPKからFWアイトール・カンタラピエドラに追加点を奪われ、これで勝負はついてしまったかに思われた。

 だが、堂安の一発がスタジアムの雰囲気をガラリと変えた。

 84分、GKセルジオ・パットがFWチャーリソン・ベンスホップにめがけてロングキックを蹴り、そのこぼれ球が堂安の前に落ちた。ゴールまでの距離、およそ18メートル。堂安は迷いなく左足を振り抜くと、ミドルシュートは見事にゴール右隅に吸い込まれていった。

 その瞬間、観客席に漂っていた「今日はもう無理なんじゃないか……」という空気が一変。サポーターたちが「田舎者(フローニンゲン)はギブアップしないんだ!」というチャントを合唱し始めると、数的不利のフローニンゲンがトゥウェンテを圧倒し始めた。堂安も相手DFに身体を寄せてプレッシャーをかけ、スライディングタックルでボールを奪おうと食らいついていった。

 結果、後半アディショナルタイムにトゥウェンテがカウンターから加点し、3−1で終了のホイッスルがなった。だが、フローニンゲンのサポーターはスタンディングオベーションで、ピッチ上でうなだれる選手たちを労った。負けてなお、満足――。観客の顔には、そうハッキリ書いてあった。

 チャンスすら生まれる気配のなかった状況から、堂安はゴールを決めてスタジアムの空気を変えた。疲労が溜まったゲーム終盤で、よく豪快かつ抑えの利いたシュートを打てたものだと思う。堂安のゴールを現地で見ていて、「フローニンゲンのプライドを護ったゴールだった」と感じた。

「最後の20分、30分は、『本当に何かしないと……』と思ってピッチに立っていました。キャプテンになったからかはわからないですが、『自分のために』というより、『フローニンゲンのためにがんばろう』と。サポーターがすごく応援してくれていたのも感じていました。失点したあとも拍手してくれましたし、そういう意味でもゴールできてよかったです」

 11人対11人の状況では、明らかにフローニンゲンが試合を支配していた。しかし、納得のいかない判定で、PKはトゥエンテが2回、フローニンゲンが1回。レフェリーに文句のひとつやふたつ、言いたくもなるはずだが……。

「審判に文句を言うのは簡単だけど、それを僕が言う必要はないと思います。これもサッカー。ふたり退場したので、『これで勝ったら、かっこいいな』と思って後半はピッチに入った。そういう気持ちを持った選手が、今日は(自分以外にも)多かったと思う。最後に気持ちを見せることができました」

 後半、キャプテンを任された堂安のプレーを見ていて、背中でチームを引っ張っているように思えた。その気持ちを伝えると、「それしかないですね」と堂安は答えた。

「うまく英語もしゃべれませんし、審判に何か文句を言えるわけでもない。だがら、僕ができることをすべてやろうと思った。僕自身にとっても、いいきっかけになったゲームかな」

 海外サッカーを見ていて、堂安はキャプテンについて感じることがあったという。

「自分からキャプテンになろうとは思わない。でも、メッシがバルサのキャプテンをしたり、ネイマールがブラジル代表でキャプテンをしたり、クリスティアーノ・ロナウドがポルトガル代表でキャプテンをしていたり……。

 チームの顔、エースと呼ばれる選手がキャプテンマークをつける時代になったのかな、というのはある。3、4年前まではボランチとかセンターバックのイメージが強かったですが、イメージが変わってきたので(自分がキャプテンをやるのは)全然嫌ではないですけどね」

 この試合のヒーローは中村だった。開幕から2試合連続ゴールを決めた中村に対して、トゥウェンテのサポーターは早くも個人チャントを作り、76分にベンチに下がった時と試合後にチームメイトと一緒に挨拶に行った時には、延々とチャントが歌われた。

 堂安と中村は、ガンバ大阪で先輩・後輩の間柄になる。中村は堂安についてこう語った。

「堂安選手は僕が高校2年の夏、(ガンバの)練習に参加した時に一度お会いした。ちょうど(堂安がオランダに移籍する時期で)入れ替わりというか、ぎりぎり一緒にトレーニングできて、ご飯も連れて行ってくれたりした。大先輩というか、偉大な先輩。

 今日もすごいゴールを決めた。9人(に減った状況)で決めるあたりが(すごい)。あれを決めた瞬間、2−1になって、『ヤバい。(さらに)決められるんじゃないか』と思った。迫力がヤバかった」

 次節、テ・ウィーリクが出場停止処分を受ける公算は大だ。「次の試合、俺がキャプテンじゃん」と、堂安は言った。

 立場は人を育てる――。そういう意味でも、堂安がフローニンゲンのキャプテンを一時的にでも任されたら、なおさら楽しみである。次節、フローニンゲンは菅原由勢のいるAZとアウェーで戦う。