◯柔道

女子団体決勝は夙川高校(兵庫) 対 富士学苑高校(山梨)。

先鋒戦、中堅戦は引き分け。勝負の行方は大将戦へ。

開始早々、夙川高校平野が 技あり。

このポイントを守りきりそのまま試合終了。

富士学苑が春夏制覇を果たしました。

 

48kg級決勝は昨年の覇者、古賀若菜(南筑・福岡)が登場。

白石響(熊本西・熊本)と対戦。4分を戦い、決着がつかず延長戦へ。

最後は白石選手の反則で古賀選手の勝利。見事三連覇を達成しました。

52kg級決勝。

試合開始から1分3秒。川田歩実(修徳・東京)と東玲奈(柳ヶ浦・大分)の対戦。

川田選手が背負投げで一本。優勝を果たしました。

57kg級決勝。

中水流りり(渋谷教育学園・東京) 対 袴田佳名瑚(藤枝順心・静岡) 。

試合は序盤で動きます。開始18秒。中水流選手が内股で一本。優勝を決めました。

 

◯なぎなた

個人試合決勝。

山城り子(首里・沖縄)と出口茉歩(関西福祉科学・大阪)が対戦。

山城選手がメンで1本先取。

その後も山城選手が攻め切り、初優勝を飾りました。

団体試合決勝。

9年ぶりの優勝を狙う知念高校(沖縄)と2連覇がかかる首里高校(沖縄)。

副将戦を終え、1-1。勝敗は大将戦に託されます。

個人優勝した山城選手が試合中盤にスネを入れ、そのまま1本勝ち。

首里高校が2年連続、3度目の総体優勝を果たしました。