文=佐保めぐみ 写真=Getty Images

動ける若きビッグマンに期待

新潟アルビレックスBBは今日、ニック・パーキンズとの契約が合意に至ったことを発表した。

パーキンズは、身長203cm113kgのパワーフォワード。アメリカ生まれでニューヨーク州立大バッファロー校で4シーズンプレーをしている。昨シーズンは平均14.7得点、7.4リバウンドというスタッツを残し、ビッグマンではありながら3ポイントシュート成功率は37.6%を記録しており、アウトサイドとインサイドの両面でプレーができる選手だ。

パーキンズはクラブを通して次のコメントを発表している。「新潟アルビレックスBBの一員になれたことを嬉しく思うと同時に、チームメイト、スタッフ、そしてブースターの皆様全員で今シーズンを戦えることをとても楽しみにしています。今シーズンは高いレベルで競い合い、チャンピオンシップ進出・リーグ優勝を目指して戦います」

昨シーズンに中地区優勝を果たした新潟は今オフにダバンテ・ガードナーが退団している。新たな外国籍選手として入るパーキンズが、どのような戦力になるのか注目だ。