2連覇には惜しくも届かなかった。初戦から快調な滑り出しを見せ、準決勝では関大を3―2で撃破。決勝に待っていたのはライバル・早大。昨年、創部初の優勝を成し遂げ連覇を目指すも、最後まで早大リードの試合展開を変えられず0―3で敗戦。悲願の連覇は果たすことはできなかった。

◆8・6~7 全日本大学対抗選手権(盛岡市立太田テニスコート

<男子>

<1日目>

・2回戦

○明大3―0東大

・3回戦

○明大3―0帝京大

・4回戦

○明大3―0東北福祉大

<2日目>

・準々決勝

○明大3―0四日市大

・準決勝

○明大3―2関大

・決勝

明大0―3早大

 ※殲滅(せんめつ)戦

3ペアで構成されたチームで勝ち抜き戦を行う方式

 最後に立ちはだかるのはいつも赤い壁だ。決勝の相手は、過去何度も優勝の決する場面で対戦してきた早大。明大は今年、春季リーグ戦、東インカレと続けて早大を撃破し、昨年以上に優勝に期待が掛けられていた。第1試合では本倉健太郎(農3=岡山理大付)・根本大地(政経2=大和高田市立高田商)ペアが果敢な攻撃をするも、ファイナルゲームで惜しくも敗戦。なんとか流れをつくりたい大将ペア、北本達己(商2=大和高田市立高田商)・丸山海斗主将(政経4=上宮)ペアの前に内本(早大)の打点が高くコートの角を突くストロークが火を噴く。「丸山さんに攻撃してもらうために、内本さんのボールをうまく配球しようとしたが、押し切られてしまった」(北本)。最後まで勢いを取り戻せずに2―4で敗戦。続く中平慎吾(農4=尽誠学園)・米澤要(営4=能登)ペアも敗れ、0―3と悲願の2連覇には届かない結果となった。

 「次の日の個人戦で、優勝者を明治から出せるように」(丸山)。団体戦では目標の2連覇を果たすことはできなかったが、残る個人戦でも日本一を狙える実力は健在だ。4年生は最後の試合。一つでも多く、貪欲に勝利をつかみ取る。

[内山嶺]

試合後のコメント

丸山

――今季2連勝していた早大に敗れました。

 「結局は大きな舞台で勝たないと本当の勝利にはならないと思います」

――個人戦の抱負をお願いします。

 「個人戦優勝は自分じゃなくても明治から出て欲しいと思います。今まで目指してきた舞台です。後は結果出すだけですね」

北本

――後輩としての今大会の結果をどう振り返りますか。

 「ずっと最後には胴上げさせてあげようと思ってやってきました。結果は悔しいですが、その悔しさを忘れずに、来年もう一度勝たなければならないと思いました」

――個人戦までに修正したい箇所はありますか。

 「弱気になってしまいがちで、相手に良い球を打たせてしまいがちだったので、そこを強気に自分から打っていって丸山さんの助けになればと思います」