夏の埼玉大会5回戦。上尾市民球場は外野席も開放されるほどの賑わいを見せた。多くの観客のお目当ては、地元の人気校・上尾高校だった。そんなホームとも言うべき雰囲気のなかで、上尾は大宮東から初回に4本の安打を絡めて幸先良く2点を先制。

 投げてもエース左腕の寺山大智が4回までひとりの走者も出さず、5回に四球こそ出したが6回二死まで無安打投球を続けた。

 しかし、なかなか追加点を奪えなかったことが仇となる。最終回、二死一塁と勝利まであと1アウト、しかも打者を2ストライクまで追い込んだが、そこからまさかの4連打を浴びて2対3と逆転サヨナラ負けを喫した。



ベンチ入りできなかったメンバーが一致団結した応援を見せる上尾のスタンド

 試合後、スタンドにあいさつを終えると、選手たちは涙に暮れてロッカーへ引き上げていった。だが、上尾の監督を務める高野和樹(こうの・かずき)はベンチに戻ると、椅子に座り動かない。5分以上は座っていただろうか、長い沈黙の時間が流れた。旧知の連盟関係者が労いの言葉をかけるが、返事に正気はなかった。

 しばらくして取材陣の前に現れた高野は「3点目を取れなかったのがすべて」と切り出し、「とはいえ、こういうギリギリのところで勝ってきたチームなので、やはり最後が……悔しいですよね」と言葉を絞り出した。

 ただ、試合後に座り込んでいた理由を尋ねると、意外な答えが返ってきた。

「(こういう負け方でも)ウチの応援団がエール交換までしっかりやっているのかを確認していました。ベンチに入れなかった3年生たちを中心に、しっかりとやってくれていました」

 逆転負けの悔しさを押し殺しながらも、その部分での「やってきたことは間違いではなかった」という安堵の表情を見せた時、伝統校の矜持を感じた。

 埼玉の高校野球界で上尾が残してきた功績は大きい。甲子園出場は春夏合わせて6回。1963年春に甲子園初出場を果たすと、その後70年代中盤から80年代中盤にかけて隆盛を誇った。

 最後の甲子園から35年経った今でも、上尾の人気は根強く、上尾市民球場で公式戦が行なわれれば、平日の午前中であっても多くの観客で埋まる。

 現在、指揮を執る高野も上尾OBだ。高校時代は上尾の礎を築いた故・野本喜一郎監督に学び、東洋大学に進むと名将・高橋昭雄監督(当時)の薫陶を受けた。

 指導者としては、前任校の鷲宮で増渕竜義(元ヤクルトなど)を擁して、2006年夏に埼玉準優勝の経歴がある。上尾には2010年に赴任し、今年で9年目を迎える。

 スポーツ推薦はなく、合格の確約がないため、選手獲得で私学に後れを取ることもあるが、高野は「(私学が)強くて魅力があるのは仕方のないこと。上尾もそんな野球をしないといけない」と言い訳は一切しない。

「上尾で野球がしたい」と一般入試で合格してきた選手たちでチームをつくり、昨夏は北埼玉大会で準優勝するなど、たびたび上位進出を果たしてきた。その結果、志の高い選手が入学するという好循環をもたらしてきた。

 また熱気を帯びた練習も魅力のひとつで、シートノックは全員が声を出し、「他人の打球」は1球もない。気の抜けたプレーがあれば、指導者たちだけでなく選手たちからも厳しい叱責の声が飛ぶ。レギュラーも控えもなく、グラウンドに立つ全員が魂を込める姿に「1回の練習体験で心を打たれました」と、入学志願する選手も多い。

 そして試合では、一致団結した応援が見に来た者の心をとらえてきた。大宮東との試合後、応援リーダーを務めた大西翔大(しょうた)は、目に涙を浮かべながらこう力強く語った。

「試合で負けたとしても、あるべき姿があって、やりきることが大事。それは見せられたかなと思います」

 高野もこう胸を張る。

「3年生が残してくれたものを受け継いで、一歩ずつ地道にやっていきたいですね。ここにしかない魅力はあると思うので……」

「上尾が上尾であるために」という伝統を積み重ね、その先には長く閉ざされた扉が開く時がくることを誰もが信じている。それを象徴するシーンが試合後の上尾の応援席にはあった。