岩手県北上市和賀川グリーンパークにて全日本大学対抗ソフトテニス選手権の1日目が開催された。35度を超える猛暑の中、選手たちは大健闘した試合を見せた。今年が最後のインカレである4年生がチームを引っ張り、明日の準々決勝へと駒を進めた。


強気の攻めでゲームを牽引する松井

 一回戦は順調に勝ち上がり、迎えた二回戦は熊本学園大学との対戦。1番に登場した山本沙奈(社4=和歌山信愛)・松井玲奈(社1=和歌山信愛)組はダブル後衛を生かし勝利する。次に登場した大将ペアである小山舞女子主将( スポ4=和歌山信愛)・川村真帆(スポ2=東京・文化学園大杉並)組は圧倒的強さで相手に1ゲームもとらせず、ゲームカウント4-0で白星を挙げる。最後は下江遥花(スポ2=和歌山信愛)・花園優帆(スポ4=東京・国本女)組がチームの勝利を決めに試合に挑んだ。ゲームカウント2-2で迎えた5ゲーム目。花園がセカンドサーブをショートクロスに打ち込みポイントを重ねる。下江もボレーボレーで相手を制し、流れをつくりゲームカウント3-2。最後まで勢いを落とさないまま勝利し、チームとして二回戦を突破した。


ボレーを決める花園

 三回戦の相手は関西学院大学である。チームの勢いをつけたい山本・松井組は序盤、2ゲームとられてしまう。3ゲーム目、3ポイント連取するも、追いつかれ長いジュースが続いてしまう。耐久戦の中、松井が深いストロークで流れを断ち切りなんとか3ゲーム目をとる。それからは流れが変わり3ゲーム連続でとり、白星を挙げて、勢いをつけた。2番目の小山・川村ペアはダブル後衛の相手にやや苦戦を強いられる。ファイナルにまでもつれこみ緊張感が漂う状況に。小山は落ち着いて視野の広いテニスをし、川村が隙を見てボレーをきめる。二人で一本を丁寧にとっていき、なんとか勝利した。次で決めきりたい早大の最後に登場したのは下江・花園ペアであったが、自分たちのテニスが出来ず惨敗してしまう。殲滅戦であるので残り2ペアに試合は託された。二次戦の山本・松井組も粘るが惜しくも敗北。最後は大将ペアが力を見せる。日も沈みナイターの中で試合が行われ視界が悪い状況である。しかしここで意地を見せた小山・川村組は序盤に2ゲームとられるも、落ち着いたテニスを見せゲームカウント4-2で勝利した。

 ベスト8入りを果たした早大は明日の準々決勝へ。明日の初戦は立大である。チームとしての力を見せた今日の試合は、応援の力も大きかったであろう。この勢いに乗ったままチーム一丸となってインカレ優勝に期待大である。

(記事、写真 山浦菜緒)