ヒュンダイ・モータースポーツは、8月22−25日に開催されるWRCドイツ(ターマック)に3台をエントリー。そのドライバーズラインナップとして、ティエリー・ヌービル、アンドレアス・ミケルセン、ダニ・ソルドの布陣を発表した。

マニュファクチャラーズ選手権で可能な限りの結果を出すために、各戦で最も強力な布陣を組むことをチームの信念としてドライバーを選択するとしているヒュンダイ。チームディレクターのアンドレアス・アダモは「直近の数戦を見てきた中で、シーズンの後半戦への予測と合わせ、この3人がドイツでは最強のラインナップだと考えた」と語る。
「自分たちのスタッフたちのことは心から信頼しているし、シーズン前半にクルーたちが見せてくれたパフォーマンスには驚かされている。マニュファクチャラーズ選手権での戦いに向けてベストのリザルトを出すためには、これが自分たちにできるベストの選択だと考えている」

ヌービルが制した3月末のコルシカ以来となるフルターマックイベントとなるドイツは、アルツェナウに本拠地を置くチームにとっては母国戦。ラリーの本拠地となるボスタルシーまでは、チーム拠点からわずか数時間だ。昨年のドイツでは、ヌービルがトヨタの1−3に割って入る2位フィニッシュを果たしている。