写真=Getty Images

飲酒もコンディショニングの一部

昨シーズン平均15.6リバウンドを記録し、2シーズン続けてNBAのリバウンド王に輝いたピストンズのアンドレ・ドラモンドは、シーズンオフの現在、毎日ビールを欠かさない生活を送っている。

と言っても、不摂生しているわけではなく、彼にとって必要な『ダイエット』法として実践している。

『Detroit Free Press』によれば、赤身の肉を食べず、魚と野菜が中心の食生活を送っているドラモンドは、1日に摂取すべきカロリー量を満たすためにビールを飲んでいるという。

オフの間も絞った身体を維持しているドラモンドは「正しい方法でやっていれば、身体に悪いことでもないんだ。だからやっているんだよ」とコメント。ちなみに、特にビール通でもないというドラモンドが普段から飲んでいるビールは、パーソナルシェフが用意してくれるミラー・ライトかコロナだという。

ブレイク・グリフィンとドラモンドが中心のピストンズは、オフにデリック・ローズ、マーキーフ・モリスらを加えることに成功し、2年続けてプレーオフ進出を狙える戦力を揃えた。

2年目から得点とリバウンドでの平均ダブル・ダブルを継続しているドラモンドも、チームの勝利に貢献するため、昨年のオフに続いて今年の夏も3ポイントシュート習得に向けて猛特訓。

一般人からしてみれば、運動後の冷えたビールは格別かもしれないが、超一流アスリートのドラモンドにとっては、飲酒もコンディショニングの一部なのだ。

この投稿をInstagramで見る

“wOrK oN YoUr PoStGAmE mOvES bRo” —🦍 #OFFszn

Andre Drummondさん(@andredrummondd)がシェアした投稿 - 2019年 7月月18日午後2時02分PDT