UCI MOUNTAIN BIKE(MTB)ワールドカップクロスカントリー(XCO)の第5戦が日本時間4日にイタリアのヴァル・ディ・ソーレで行われた。

最後の最後まで勝負の行方が分からなかった。4周を終わってトップのポーリーヌ・フェラン=プレヴォ(フランス)から14秒差でファイナルラップを迎えたヨランダ・ネフ(スイス)が、じわじわとその差を縮めると、スタートから1時間14分過ぎたところで、ネフがついに1位に躍り出る。その後、プレヴォが再び前に出るなど両者が抜きつ抜かれつの熾烈なデッドヒートを繰り広げ、勝負はラストのスプリント勝負へ。トップで最後の直線を迎えたプレヴォが、追いすがるネフを1/100秒差抑えて今季初優勝を飾った。勝ち時計は、1時間21分59秒。なお、すでに今季3勝をマークしていたケイト・コートニー(アメリカ)は、トップから5分14秒遅れの17位に終わった。ランキングは、ネフがコートニーに代わり、トップの座に就いた。

一方の男子は、マテュー・ヴァンデルポエル(オランダ)が独走状態で勝利。2位マティアス・フルキガー(スイス)に18秒差つける圧勝劇で、第2戦以来となる今季2勝目を挙げた。トップから53秒差の3位には、ニノ・シューター(スイス)が入った。なお、46番からスタートした日本期待の山本幸平は、今季自己最高位となる46位でフィニッシュした。第5戦が終わった時点でのランキングは1位シューター、2位ヴァンデルポエル、3位エンリケ・アバンシーニ(ブラジル)。

スポーツブルでは、UCI MTBワールドカップXCO第6戦の模様もライブ配信する。配信は8月11日(日)19時開始を予定。