TEAM
東北大
早 大1x
(早)今西、藤井寛、上條、原、◯柴田―小藤、小掛
◇(二塁打)瀧澤、檜村 (本塁打)小藤ソロ(7回)

 東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)では3位と不本意な結果に終わり、秋季リーグ戦でのリベンジに燃える早大。8季ぶりの王座を目指し、本拠地のある安部球場で夏季オープン戦の初戦を迎えた。その初戦の相手は東北大。追いつ追われつの白熱した試合展開となったが、9回裏に眞子晃拓(教3=早稲田佐賀)が値千金のサヨナラ打を放ち、劇的な勝利を収めた。

 この日の先発マウンドを託されたのは、長身左腕の5。初回、先頭打者を味方二塁手の失策により出塁させると、3番打者に対しては四球を献上。1死一、二塁のピンチを迎える。しかしここは粘りの投球を見せ、後続を連続三振に切り、ピンチを脱する。続く2回も、四球と犠打で1死二塁のピンチを迎えた。ここでは適時打を許してしまい、失点。今西は立ち上がりこそ変化球の制球に苦しんだが、その後は伸びのある直球を武器に5回を被安打1、1失点にまとめ上げる活躍を見せた。


5回を1失点にまとめ上げた今西

一方の打線は、初回に先頭・5が二塁打を放ち攻撃の口火を切ると、後続が四球と安打でつなぎ無死満塁。大量得点を狙える好機を迎えた。すると、5の併殺崩れ、続く5の遊ゴロの間に2点を先取した。

 試合が再び動き始めたのは6回。今西に代わりマウンドに立った5が連打を許し、さらに味方の守備の乱れから無死二、三塁に。そこから2本の犠飛を打たれ勝ち越しを許してしまう。対する早大は1点を追う7回、5が4球目の甘く入った直球をフルスイングで捉える。これが右越えの特大のソロ本塁打となり、同点に追い付いた。8回からはサイドスローのルーキー原功征(スポ1=滋賀・彦根東)がマウンドに。これ以上の失点は防ぎたかったが、1死から四球と左前打を許すと、左犠飛を打たれ、再び追う展開に。しかしその裏。1死一塁の場面で檜村が適時二塁打を放ち、またもや同点に追い付いた。


春の新人戦で結果を残した原(左)だったが、この日は失点を許した

 白熱のシーソーゲームが決着したのは9回裏。相手投手の制球が定まらず、1死から連続四球をもらう。続く富田直希(教4=東京・早実)は、ストライクを取りに来た球を右前に運び、無死満塁の絶好機をつくり出した。一打サヨナラの場面で打席に向かうは、9回表から守備についていた眞子。これまでリーグ戦でのベンチ入り経験がない眞子にとっては、恰好のアピールの機会。カウント2―2と追い込まれたが、6球目を見事に右前にはじき返し、決勝のサヨナラ適時打を決めてみせた。


打撃で結果を残し、アピールに成功した眞子

 東北大との目まぐるしいシーソーゲームを制した早大。夏季オープン戦の初戦を勝ち取り、幸先のいいスタートを切ることができただろう。早大が犯した3失策がいずれも失点に絡むという反省点はあったが、一方で個々の選手の活躍も光った。春季リーグ戦では救援の柱として奮闘した今西は、この日は先発として1失点に抑える粘りの投球を見せた。そして、決勝のサヨナラ適時打を放った眞子の存在感は、他のベンチ入りを目指す選手にとって大きな刺激となっただろう。次戦は社会人強豪JX―ENEOSとの一戦。手ごわい相手だが、この日のような選手たちの活躍を期待してやまない。

(記事 長久昌暉、写真 足立優大、池田有輝、永田悠人)

 

夏季オープン戦の日程はから