写真:ジュニアサーキットスウェーデンOPでの松島輝空(木下グループ)/提供:ittfworld

<全農杯 2019年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)2019年7月26日~7月28日 グリーンアリーナ神戸>

7月26日から28日にかけて、小学生以下の日本一を決める全日本卓球選手権大会ホープス・カブ・バンビの部(以下、全日本ホカバ)が行われた。ホープスの部(小学6年生以下)では、大会6連覇を目指す松島輝空に注目が集まっていた。

ホープス優勝は松島輝空(木下グループ)。張本智和に次いで、全日本ホカバ6連覇を達成した。決勝戦では、吉山和希(TC中原)をストレートで破り、その実力を示した。また、カブの部優勝は岩井田駿斗(誠卓球CL.)、バンビの部優勝は大野颯真(ABBEY)となった。

男子各年代別最終結果

ホープスの部(小学6年生以下)

1位 松島輝空(木下グループ)
2位 吉山和希(TC中原)
3位 岡本智心(TEAM ZERO 1Jr)、谷本拓海(卓栄kid’s)

カブの部(小学4年生以下)

1位 岩井田駿斗(誠卓球CL.)
2位 川上流星(新発田ジュニア)
3位 郡司景斗(スマイルTC)、伊藤佑太(ヴィスポことひら)

バンビの部(小学2年生以下)

1位 大野颯真(ABBEY)
2位 小林右京(ピンテック)
3位 木方瑛介(T.T彩たま)、柴田洸(STライトニング)

文:ラリーズ編集部