「“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第42回大会」に、ハーレーダビッドソンがブースを出展した。750ccから1800cc越えまで幅広い排気量の大型バイクを取りそろえるハーレーファミリーの中でも、人気を誇るソフテイルファミリーを展示。

特別コンテンツとして、実際にエンジンをかけることができる「ジャンプスタート」も用意されており、ギアを入れるなどの操作をしながらバイクに乗っている臨場感を味わうことができる。

また、ブース内に設置されているQRコードからアンケートに答えると、ハーレーダビッドソンオリジナルナップサックがもらえるのも嬉しいポイントだ。

さらにはスマホの充電ステーションや休憩所としても利用できるので、レース観戦に疲れたら是非立ち寄ってみてはいかがだろうか。