Nintendo Switch版が初登場

2K Gamesは昨日、『NBA 2K20』の体験版を2019年8月21日より配信することを発表した。

『NBA 2K20』はNBA公認の本格的バスケットボールゲームであり、これまでに全世界で9000万本以上を売り上げた人気シリーズの最新作となる。

NBAの選手たちの特徴を見事なまでに押さえたグラフィック、多種多様なゲームモード、そして前作から導入されたゲーム内ライブワールド『ネイバーフッド』も継続。世界中のバスケットボールファンと繋がり、本場NBAの感動と興奮を実体験できるゲームとなっている。

8月に配信される体験版ではオリジナルのNBA選手を制作してNBAスターへとのし上がっていくサクセスストーリーが体験できる『MyCAREER』の一部と、そのキャラクター作成パートにあたる『MyPLAYER』ビルダーをプレーすることができる。本体験版では複数の選手を作成することが可能で、作成した選手はもちろん9月に発売される製品版に引き継ぐことが可能となっている。

さらには前作までのPS4版、Xbox版に加え、Nintendo Switch版の初登場も決定している。

公開されたゲーム画像では、今オフに移籍を決めたばかりのアンソニー・デイビスがレイカーズのジャージを着て、レブロン・ジェームズと並ぶ姿を見ることができる。昨シーズンのMVPに輝いたヤニス・アデトクンボ、ベン・シモンズ、カール・アンソニー・タウンズの姿も。ウィザーズに加入した八村塁も、ドラフト直後に『2K』用の写真撮影をする様子がSNSに投稿されている。今回の最新作は日本のバスケットボールファンにも大きなインパクトを与えそうだ。