文=丸山素行 写真=B.LEAGUE

『超ハードワーク』を武器にレバンガ北海道を攻守に支えた関野剛平は、今オフにサンロッカーズ渋谷への移籍を決断した。特別指定として加入した2016-17シーズンこそチームへの順応に戸惑ったが、その後の2シーズンは本領発揮。経験豊富なベテランが多いチームで若さと勢いで存在感を示して、欠かせない戦力となっていた。ただ、外からは順調なキャリアを過ごしているように見えても、関野自身はもどかしい思いも感じていた。「自分の機動力がチームに貢献できていない」という違和感が、今回の移籍の決め手。SR渋谷でさらなる飛躍を期す関野に話を聞いた。

自分を出し切れず「悔いの残ったシーズン」

──まずはサンロッカーズ渋谷へ移籍した経緯を教えてください。

今年はディフェンスから走るチームを目指すということをコーチとGMから聞きました。僕自身のプレースタイルにも合っていますし、僕もそういうチームでやりたいと思っていました。僕のことを求めてくれて、やってみたいスタイルだったので決めました。

──北海道では特別指定選手の時からプレータイムを与えられ、プロ1年目でブレイクし、昨シーズンも評価は高かったと思います。その中で自分自身ではどう評価していましたか?

個人的には上手くいきませんでした。スキル云々よりもチームに合っていなかったと感じています。どんな状況でも結果を出すことが実力のうちではありますが、チームと個人のプレースタイルがあっていないように感じていました。

北海道ではベテラン選手も多く、セットを重視していました。例えば僕が本気でオールコートでプレスを仕掛けても、全員でまとまってディフェンスができていなかった気がします。実際、僕じゃなくても良かったんじゃないかなと思ったりしました。自分を出し切れずに終わったことで、悔いの残るシーズンとなってしまいました。

「僕にしかできないことを求められたい」

──激しいディフェンスとトランジションを得意とする関野選手は、SR渋谷が目指すスタイルに合いそうな気がしますね。どんなプレーでチームに貢献していきたいですか?

ディフェンスはもちろんですが、ディフェンスからのブレイクですね。僕が走って簡単に2点を取ることができれば、周りの選手は体力を温存できます。僕にしかできないことを求められたいです。そういうシーンが多くなるように頑張りたいです。

──体力の話が出ましたが、以前の取材では体力に自信がないと打ち明けていました。東海大時代に『ウルトラマン』と呼ばれていたエピソードを聞きましたが……。

「お前は3分しか体力持たないんだから、全力でやってこい」って大学の時からずっと言われていました(笑)。「関野がもうピコンピコンしてます」、「じゃあ交代だ」みたいに交代させられていたんです。ずっと走り込みをしても、どういうわけか体力がつかないんです(笑)。大学はディフェンスのチームで、オールコートで全力で走り回るから3分しかもちませんでした。昔を思い出すというか、アグレッシブにプレーするのを思い出しながらやりたいです。

──チームメートのために自分が走るという献身的な姿勢はコート上のプレー通りで素晴らしいですが、それだとプレータイムが減ってしまうのでは?

まあ、そうなんですけどね(笑)。でもプレータイムが欲しいというよりは、チームが困っている時に流れを変えられるような選手になりたいんです。

「自分のマークマンから嫌だと思われたい」

──優勝を目指す場合、激戦区の東地区は避けたい心理が働くのではないかと思いますが、東地区での戦いをどのように考えていますか?

強い人とやる方が楽しいので、東地区が良かったです。例えば田中大貴さんとか比江島慎さんとか、超メジャーな選手たちと多く試合できるのは東地区じゃないですか。そこで僕に抑えられたら嫌だと思います。目立ちたいわけではないですけど、有名な選手をやっつけるのが好きです。何か賞が欲しいというよりも、ただ自分のマークマンから嫌だと思われたいです。

──日本代表クラスの選手を抑えたら、自ずと評価は上がるし、人気も出るでしょうね。

僕はそれほどの選手じゃないので、栄誉は似合わないんですよ(笑)。もちろん優勝したいですし、チャンピオンシップにも出たいですが、目の前の敵に負けたくない気持ちが一番です。

──目の前の相手に勝てば、自然とチームにとってもプラスですからね。では、最後にSR渋谷のファンの方へメッセージをお願いします。

まだどんなチームになるか分からないですけど、僕なりのプレースタイルと言いますか、長所を必ず出してチームの勝利に貢献するので、応援よろしくお願いします。