2019年7月23日
大垣G3(最終日)水都大垣杯

【12R=S級決勝】


1/村上博幸(SS・京都86期)
2/和田真久留(S1・神奈川99期)
3/佐藤慎太郎(S1・福島78期)
4/和田健太郎(S1・千葉87期)
5/浅井康太(SS・三重90期)
6/北野武史(S1・石川78期)
7/平原康多(SS・埼玉87期)
8/宮本隼輔(S2・山口113期)
9/古性優作(S1・大阪100期)


号砲から浅井が積極的に前を取り、56・91・24・73・8の細切れ戦。


赤板で後方から車を上げた平原が浅井を抑える。
しかし、すぐに和田真が叩いて、さらに単騎の宮本も前へ踏む。


第2コーナーから古性もペースアップ。


宮本が古性ー村上を前に出させたところで打鐘。


古性の主導権で残り1周回。


最終第2コーナー、宮本が捲りを打つ。
和田真ー和田健ラインを崩した平原も続く。


最終BS、宮本が古性ー村上を捲り切る。


第3コーナー過ぎからは宮本と平原のマッチレース。


平原が宮本を追い込み、徐々に車間を詰めていく。
しかし、そのまま宮本が押し切って1着。


2着に平原、3着は村上という結果に。
祖父、父も競輪選手の宮本はデビュー2年目、記念競輪初優勝。
113期でG3制覇一番乗り。


優勝/宮本隼輔(S2・山口113期)
単騎でも自分で位置を取ってというレースプラン。
初手から動きがあったところで、後ろに置かれる、9番手というのは考えていなかった。
最低でも中団、5番手とは思っていました。
古性さんー村上さんを前に出させて、思った以上にハマりましたね。
でも、村上さんを追う重圧は凄かったです。
記念優勝は早過ぎだし、このメンバーですから驚いている。
113期で一番乗りと言うよりは、同県の清水(同い年)も記念を2つ獲っているので、少しは追いつけたかなと。
父(忠典=山口55期・引退、広島記念優勝)には追いつきました(笑)。
G1初参戦(名古屋オールスター)よりも次の玉野F1を頑張るだけです。



レース後、宮本は平原から「垂れない限りは届かないと思った、本当に強いね」と。
和田真からは「マジ強い、ビックリだわ」と、声を掛けられていた。


【6R=S級企画レース・ブロックセブン】


1/五日市誠(S2・青森89期)
2/岡崎智哉(S1・大阪96期)
3/三宅達也(S1・岡山79期)
4/萩原操(S2・三重51期)
5/横山尚則(S1・茨城100期)
6/春日勇人(S2・千葉82期)
7/徳永哲人(S2・熊本100期)


516・24・73の並びでレースは進んでいく。


赤板でまずは徳永ー三宅が前受けの東3車ラインを抑えにいく。


これに岡崎ー萩原ラインも乗る。


そして、第2コーナーから岡崎が踏み込む。
岡崎が主導権を握り、24・73・516の一本棒で打鐘を迎えた。


打鐘から隊列は変わらずに残り1周回。


最終BS、中団3番手から徳永が捲り、横山も踏んでいく。


直線勝負、横山の番手・五日市が三宅を内から捌きながら突っ込んでいく。
ゴール線前で差し切って、五日市が1着。
岡崎が2着に残り、3着は三宅となった。



1着/五日市誠(S2・青森89期)
横山君が苦しいかな!?と、思いつつも最後に踏んでくれたので勢いがついた。
あとは冷静にコースを見て、三宅さんのところだったら入れるかなとは思いました。
そもそも1着が久しぶりなんで(苦笑)。
7車立てレースのイメージも良くなかったし、単発レースも初めてで、昨日は不安でした。
単発……卒業記念レースでも4走していますしね。
これで良い流れがくれば、次の高松F1は短期登録もいるので、気合をいれて臨みます。