23日、三井不動産株式会社はCOREDO室町テラスにて「あと1日! 1 Year to Go! イベント」を公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下「東京2020組織委員会」)と共同で実施した。

イベントは2部形式で構成され、第1部の「日本橋シティドレッシングfor TOKYO 2020開始記念イベント」は、東京2020組織委員会との共催となった。東京2020エンブレム、大会ルック、アスリートおよび一般の方々の肖像とオリンピックシンボルを用いたスペクタキュラーによる大規模装飾「日本橋シティドレッシング」の紹介、さらには「FEEL 2020」というコンセプトについても紹介された。

「日本橋シティドレッシング」とは、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、大会エンブレムや出場が予想されるアスリートをプリントしたフラッグやのれん、特大ポスターで東京・日本橋の街並みを装飾するイベントだ。

東京2020 大会1年前のタイミングで、日本橋と中央通りを中心に、「FEEL 2020」をコンセプトにして、東京2020大会エンブレムや大会ルック、アスリート、一般の方々の肖像を用いた大規模な街装飾を行い、“東京2020で盛り上がる未来スタジアム”を表現。東京2020 大会への機運を高め、街に暮らす人や訪れる人、働く人とともに気運を高め、大会の成功を応援するもの。

オリンピックシンボルも展示され大人気

日本橋のたもとには、五輪マークのオブジェも登場。街全体を使ってスタジアムを表現するとのコンセプトで、大会への期待感を高めたいとしている。

商業ビルのガラス面には、スポーツクライミング・ボルダリング女子の野中生萌選手ら東京大会で活躍が期待されるアスリートの特大ポスターがお目見えした。装飾イベントは、8月25日まで開催される。

イベント2部はステージで夏の賑わいを展開した

「あと1日!1 Year to Go! イベント」第2部の「超ふつうじゃない2020展by三井不動産」オープニングイベントは、オリンピアンの畠山愛理さん、伊藤華英さん、そしてメイプル超合金をゲストに迎えトークセッションなどを開催。イベントステージでは、登壇者やゲストが実際に展示コンテンツを体験するシーンで会場を大いに盛り上げた。

畠山さんも実際に体験したジャイアントホーン(ふつうじゃない呼気流量を測定するホーン)

“世界は、こんなに、ふつうじゃない”をコンセプトに、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技・種目、選手について、楽しく遊んで学べる体験型の展示イベント「超ふつうじゃない2020展by三井不動産」は、東京2020ゴールド街づくりパートナーの三井不動産株式会社が主催し、東京2020組織委員会と日本航空株式会社、日本郵便株式会社の協力のもと実施されている。

「超ふつうじゃない2020展by三井不動産」は、競技を見るだけでは分からない、東京2020オリンピック・パラリンピックのふつうじゃない魅力を、ふつうじゃない展示体験できるイベントだ。

陸上競技・走幅跳のオリンピック最高記録と同じ距離に水を跳ばす「ロングジャンプの泉」、水泳選手の肺活量を体験できる「ジャイアントホーン」、高さ4mの郵便ポスト型スポーツクライミングウォール「クライミングポスト」、フェンシング選手になりきれるフォトスポット「だれでもフェンシング」など展示は、全11種類。

“世界は、こんなに、ふつうじゃない”ことを日本橋で、日比谷で体感しよう。超ふつうじゃない巨大マスコット「ジャナイくん」が、大勢のオーディエンスを迎えてくれる。

巨大モニュメントがお出迎え「超ふつうじゃない2020展by三井不動産」

【超ふつうじゃない展2020】

◾️COREDO室町テラス 大屋根広場(東京都中央区日本橋室町3-2-1)2019年7月23日(火)~8月4日(日) 11:00~19:00/13日間

◾️東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(東京都千代田区有楽町1-1-2)2019年8月8日(木)~8月25日(日) 11:00~19:00/18日間 

※荒天時(雨天・強風の場合)は中止 ※7月23日(火)および8月11日(日)はプレスイベントのため12:00開場予定

【武井壮さんも応援「超ふつうじゃない王決定戦!」開催決定】

8/11(日)11時からは「超ふつうじゃない王決定戦!」が開催される。ゲストに武井壮さんを迎えて行われる。

「超ふつうじゃない王決定戦!」の優勝者には東京2020オリンピック・パラリンピックの競技観戦ペアチケット等、豪華賞品をプレゼント。予選大会は、30日まで開催予定。我こそは!という強者は、今すぐCOREDO室町テラスへGO。

超ふつうじゃない2020展by三井不動産 23日からスタート

「あと1日!1 Year to Go! イベント」の翌日となった2019年7月24日。この日から数えて365日後となる2020年7月24日、いよいよ東京五輪が幕開けする。日本橋の街並みとオリンピックムーブメントのコラボレーションは、東京2020へ向けて楽しみの輪をさらに広げていく。

取材・文 / スポーツブル編集部

写真協力 / スタジオアウパ 

イベント当日の日本橋はあいにくの曇り空だったがシティドレッシングは華やか 日本橋の街中にオリンピックムーブメントが仲間入り