写真:朱雨玲(中国)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

21日、女子シングルス決勝に、朱雨玲(ジュユリン・7月世界ランキング4位・中国)と王曼昱(ワンマンユ・同5位・中国)が登場。中国トップ選手同士のハイレベルな戦いとなった。20歳の王曼昱は、2018年にアジア女王に輝き、中国の次世代エースと期待されている。24歳の朱雨玲もアジアカップ3連覇を果たすなど実力者だ。

第1、第2ゲーム序盤は大きく点差が開くことなく進む。しかし、中盤から終盤にかけて強さを見せた朱が2ゲームを先取する。随所でハイレベルなラリーが展開され観客から歓声が上がる。

第3ゲーム、王が3-1、4-2とリードを取る。しかし、ここから4-4と朱が追いつくと、5-5、6-6と点差が離れない展開が続く。王は6-7と朱にリードされた場面でタイムアウトを取る。このタイムアウトが功を奏し、11-7で第3ゲームを王が取る。

第4ゲーム、王が持ち前のパワーを発揮する場面もあったが、朱を打ち崩すことはできず、11-7で朱が第4ゲームを取る。これでゲームカウント3-1とした朱が優勝にせまる。

また、ここからは試合開始24分が経過したためFAST5が適用され5本先取となる。

第5ゲーム、王に最初に得点するも、朱が連続得点で2-1とリードする。ここから、1点を返し2-2となったが、その後、朱が3連続得点で5-2とし一気に勝負を決めた。

女子シングルスは、4-1で朱雨玲が勝利し優勝を決めた。

詳細スコア

〇朱雨玲(中国) 4-1 王曼昱(中国)
11-9/11-6/7-11/11-7/-5-2

文:ラリーズ編集部