写真:許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

21日、T2ダイヤモンド男子シングルス3位決定戦が行われた。直近のワールドツアーで3連覇中の許昕(シュシン・7月世界ランキング1位・中国)と、TリーグにT.T彩たまから参加している黄鎮廷(ウォンチュンティン・同18位・中国香港)のペンホルダー対決となった。

第1ゲーム、序盤はお互い譲らず5-5。しかし次のポイント、許昕のサービスに黄が逆を突くドライブでレシーブ。このプレーで流れを引き寄せた黄が11-6で第1ゲームを先取する。

第2ゲーム、許昕が4-1とリードする。黄も回り込んでのフォアカウンターといったアグレッシブなプレーを見せるも逆転することはできず。このゲームは、許昕が11-6で取る。

第3ゲーム、いきなり8-1許昕が大量リード。黄はここから挽回できず、第3ゲームも許昕が11-3で取る。

第4ゲーム、黄は出だしから4連続ポイント。その後も黄のリードは変わらず。途中1点差に詰められることがあったが、しっかりとリードを守り切った黄が11-7で第4ゲームを取り、ゲームカウントを2-2のタイに持ち込む。

第5ゲーム、序盤から大きく点が離れることはなく一進一退の攻防が続く。7-7の場面で黄が許昕の逆を突くクレバーなショットを見せるがオーバー。次のポイントもとり、9-7とリードを奪った許昕が11-8で第5ゲームをとり、試合に王手をかける。

試合開始から24分が経過したため、これ以降のゲームは5ゲーム先取のFAST5へ移行する。

第6ゲーム、出だしは黄が2-1でリードする。しかしここから許昕が4連続得点し5-2で第6ゲームを取る。これでゲームカウント4-2となり世界最高峰のペンホルダー対決は許昕の勝利となった。

3位の許昕は賞金2万ドル(約216万円)と700ポイントのボーナスポイントを、4位の黄鎮廷は賞金1万2千ドル(約130万円)と600ポイントのボーナスポイントを獲得した。

詳細スコア

〇許昕(中国)4-2 黄鎮廷(中国香港)
6-11/11-6/11-3/7-11/11-8/5-2

文:ラリーズ編集部