写真:加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

20日、大会3日目を迎え、女子シングルス準々決勝に加藤美優(7月世界ランキング22位・日本ペイントホールディングス)が登場した。加藤は女子シングルス1回戦で伊藤美誠(同7位・スターツ)との日本人対決を制し、準々決勝に駒を進めている。

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。FAST5に突入した場合、サーブ権は1本交代となる。

加藤美優が世界ランク1位に堂々たる試合運び

準々決勝、加藤は世界ランク1位の陳夢(チェンムン・中国)と対戦した。

第1ゲーム、加藤は得意レシーブの“ミユータ”(逆チキータ)やしゃがみ込みサーブで得点を重ね、11-4で第1ゲームを先取する。第2ゲームも主導権を渡さず、最後は中陣からのラリーで得点し、ゲームカウントを2-0とする。

続く第3ゲームは、息を吹き返した陳夢が取り返し、迎えた第4ゲーム。またも加藤の“ミユータ”としゃがみ込みサーブが効き、11-6でこのゲームを奪う。そしてゲームカウント3-1と勝利に王手をかけたところで、制限時間24分が過ぎ、FAST5へと突入する。

第5ゲーム、陳夢にラリーで押され2-5で落とすと、第6ゲームもラリーで押され1-4とされる。しかしここから3連続ポイントで4-4と追いつき、マッチポイントを握る。最後は陳夢がバックハンドドライブをネットにかけ、加藤が4-2で勝利を収めた。

加藤美優 試合後のコメント




写真:加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

信じられなくて手がまだ震えている。ずっと(中国選手に)負けていたのでまだ実感がわかない。でも自信になった。

思いっきり回転をかけて、サーブを散らして回転も変化をつけたので、サーブが最初から最後まで効いていて、点を連続してとれたので優位に進められた。

今までは爆発力があまりないと見られていたので、今日みたいに強い選手にも勝っていけると見せていけたらなと思う。

中国選手に勝つというのがすごく重要なことなので、自分でも勝てるということを認識できたし、もっともっと頑張りたいと思った。

詳細スコア




写真:陳夢(中国)/撮影:ラリーズ編集部

〇加藤美優 4-2 陳夢(中国)
11-4/11-9/4-11/11-6/2-5/5-4

文:ラリーズ編集部