写真:許昕(中国)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

18日、T2ダイヤモンド2019マレーシアの男子シングルス1回戦で、許昕(シュシン・7月世界ランキング1位・中国)とドミトリ・オフチャロフ(同11位・ドイツ)が対戦した。

T2ダイヤモンドは、4ゲーム先取の7ゲーム制ながらも通常の競技ルールと異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取となる。また、勝ち上がれば高ポイントを獲得できるため、世界ランキングに大きな影響を持つ。

試合は、許昕が終始主導権を握り、ゲームカウント4-0のストレートで勝利した。第4ゲーム途中に試合開始から24分を経過したが、許昕がそのゲームで決めきったため、5点先取のゲームにもつれ込むことはなかった。

許昕はジャパンオープン、韓国オープン、オーストラリアオープンと3大会連続でワールドツアーを制覇しており、今大会もどこまで勝ち上がるのか注目だ。

詳細スコア




写真:オフチャロフ(ドイツ)/撮影:ラリーズ編集部

〇許昕(中国) 4–0 オフチャロフ(ドイツ)
11-5/11-8/11-7/11-9

文:ラリーズ編集部