アミューズは、競泳選手の入江陵介選手(イトマン東進所属)とパートナーシップ契約を締結した。

入江選手は、2009年に行われた日本選手権の100m背泳ぎ、世界水泳の200m背泳ぎで日本記録を樹立し、2012年に出場したロンドンオリンピックでは200m背泳ぎと4×100mメドレーリレーで銀メダル、100m背泳ぎで銅メダルを獲得。2016年には、リオオリンピックに出場している。

パートナーシップ契約の契約にあたり、入江選手は、「日本だけでなくアジア、世界での活動も行い、日本から世界に大きく発信していける人間に成長したいと思います。また、水泳を始めとするスポーツの普及、貢献活動をしていく所存です」とコメント。

アミューズでは今後、国内外で培ってきているエンターテインメントの知見やマネージメントノウハウをベースに、入江選手が世界で一層活躍できるようエージェント業務を行う。同時に、入江選手と共に水泳の普及や、スポーツを通じて世界と繋がり、自分の能力を生かして活躍する可能性や選択肢を次世代に伝える機会を作っていく。

競泳・入江陵介、アミューズとパートナーシップ契約を締結

競泳・入江陵介、アミューズとパートナーシップ契約を締結