写真:伊藤美誠(左・スターツ)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

18日に行われるT2ダイヤモンド2019マレーシアの1回戦で、伊藤美誠(7月世界ランキング7位・スターツ)と加藤美優(同22位・日本ペイントホールディングス)の日本人対決が実現する。

優勝すると獲得ポイントは1,000ポイントと東京五輪の選考に大きく優位になるT2ダイヤモンド。初戦からレベルの高い戦いが繰り広げられる。2017年のポーランドオープンでは伊藤がゲームカウント4-3で加藤を下しているが、特殊ルールが多い今大会、果たして勝負の行方は。

加藤美優コメント

今までと違って演出も洗練されていてかっこいい。(卓球が)おしゃれなスポーツというイメージになるし、こういう大会に出られるように普段の大会から頑張ろうというモチベーションになる。

15秒という中でサーブを出さないといけなく、流れが傾いてしまうと取り戻せないと思うので、そこも気を付けたい。伊藤選手はすごい強い選手なので簡単にいかないとは思うが、一生懸命自分なりに試合をして勝てたらいいなと思う。

伊藤美誠コメント

楽しそうというのが第一印象。でも私は試合のことだけに集中して、選手はほんとに命がかかっている試合。エンターテインメントとして見てくださると思うが、私自身は1ポイント1ゲームをすごく大切に命がけで頑張っていきたい。

この1試合でガラッと変わる。自分の中では大事なので、目の前の1試合をやりきることを1番に考えてやっていきたい。

文:ラリーズ編集部