写真=Getty Images 

W杯出場も辞退しシーズンに向けての調整を優先

レイカーズで優勝を目指すアンソニー・デイビスは、2020-21シーズンに2900万ドル(約31億円)のプレーヤーオプションを保持しているため、それを破棄すれば、2020年の夏にフリーエージェントになれる。

『ESPN』とのインタビューで去就ついて聞かれたデイビスは、2019-20シーズンの頂点に立つことしか考えていないと語った。

「今は、来シーズンについてしか考えていない。どうなるかは分からないよ。(レイカーズで)1年プレーするわけだから、今年を生かす。来年の夏、もしくは6月中旬くらいかな、僕たちが(優勝)パレードをした後に数日考える必要がある。それからなら話ができる。でも、それまでは来シーズンの優勝のためにチームに貢献したい」

現時点では、デイビスがレイカーズと再契約する可能性は高いが、1年後にどうなっているかなど誰にも予測できない。ただデイビスの言葉に嘘はなく、彼はレブロン・ジェームズらとの新チームで優勝することだけを考えている。そのため、8月下旬から中国で開催されるワールドカップ出場も辞退し、来シーズンに向けた調整に時間を費やすと『Yahoo Sports』が報じた。

優勝をモチベーションに新シーズンに向けて準備を進めるデイビスには、万全の状態で秋の開幕を迎えてもらいたい。