UCI MOUNTAIN BIKE(MTB)WORLD CUPクロスカントリー(XCO)の第4戦が日本時間14日にフランスのレ・ジェで行われた。

全長3.6キロからなるコースで行われた第4戦。レースは7周で計25.2km。最初にゴールを走り抜けたのは、ケイト・コートニー(アメリカ)だった。スタンフォード大学でヒト生物学を勉強中の23歳は、1時間26分29秒のタイムで、2位ヨランダ・ネフ(スイス)に33秒差つけて勝利。今季3勝目を挙げて、ワールドランキングトップをキープした。なお、第3戦でオラン人女性として初のワールドカップ勝利をマークしたアン・テルプストラ(オランダ)は7位に終わった。

一方の男子は、全長3.6キロからなるコースを8周走る計28.8km。ニノ・シューター(スイス)が第3戦に続き勝利し、今季2勝目を記録した。2016年のリオ五輪金メダリストは、1時間22分10秒で走り切り、2位ゲルハルト・ケルスバルメル(イタリア)をわずか4秒おさえて連勝を飾った。3位は、シューターから38秒差のエンリケ・アバンシーニ(ブラジル)だった。

スポーツブルでは、UCI MOUNTAIN BIKE WORLD CUPクロスカントリー第5戦の模様もライブ配信する。配信は8月4日(日)19時開始を予定。
ライブ配信はこちら