<写真・仲間と得点を喜ぶ尾島>

 7月14日、立命館OICフィールドにて2019年度関西学生ホッケー春季リーグ1部2部入れ替え戦が行われた。関学は関大に2-1で勝利。1部残留となった。

 試合開始直後に仕掛けた。第1クオーター(Q)1分、FW村居(法1)がペナルティコーナー(PC)を獲得。FW藤田(社4)がシュートを放つも、キーパーに弾かれた。その後、同13分、3度目のPCを獲得すると、DF尾島(商3)がフリックシュート。先制点を挙げたが、同14分にペナルティからPCを与え、失点した。同点で迎えた第2Q9分。再びPCから尾島がシュートを決め、リードをつくった。その後も、攻め続けたがゴールは決まらず、前半が終了。後半は雨足が強まり、攻撃がはまらなかった。PCを獲得するも、決め切れず。徐々に相手に攻め入られた。第4Q終盤は、相手がフィールドプレーヤーを11人に。猛攻を受けるも、なんとかリードを守り切り、2-1。関関戦では引き分けたが、今試合ではしっかりと勝ち切り、1部残留を決めた。

試合後のコメント

為国僚介主将(社4)「1部残留を決められて、ホッとしている。今季最後の試合だったので、集大成として臨んだ。ゲーム内容的には、サークル内に相手のボールを入れさせず、ゲームを支配することができた。コートを広く使うことを意識し、ゲームを展開できた。秋リーグは今季負けた相手とのリベンジマッチになる。成長を見せたい」