第18回早慶女子定期戦
早大3-0
1-1
慶大
【得点】
(早大)21’小林菜々子、34’中條結衣、45’、46’土居明日香
(慶大)84’山本華乃

 早慶女子定期戦(早慶戦)は今年で18回目を迎えた。ア式蹴球部女子(ア女)は現在3連覇中。今大会では一度も慶大に敗れたことはない。今年も連覇記録、無敗記録を伸ばすべくこの伝統の一戦に挑んだ。21分、DF小林菜々子(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)のシュートで先制すると、MF中條結衣副将(スポ4=JFAアカデミー福島)とFW土居明日香(スポ4=ちふれASエルフェン埼玉)にもゴールが生まれ、前半のうちに3得点を奪う。さらに後半にも土居のゴールでリードを広げたア女。終盤に失点は許したものの、試合を優位に進め、見事早慶戦4連覇を達成。MVPには2得点を記録した土居が選出された。

 「声が通らずお互いの指示がかみ合わない部分があった」とMF高瀬はな主将(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18)が振り返るように、独特の雰囲気の中、ア女は序盤慶大にペースを握られる。それでも6分、CKから小林がヘディングシュートを放つもゴール右へと外れる。7分にはMF阪本未周(スポ3=大阪・大商学園)のパスを土居がうまくトラップし相手DFをはがすと、そのままエリア内へ侵入。グラウンダークロスを入れたが、相手GKにセーブされた。直後のCKではまたも小林が頭で狙うなど、徐々に攻撃のリズムを取り戻したア女は11分には阪本、17分には高瀬がミドルシュートを放つなど積極的にゴールを狙う。すると21分のCK。混戦の中MF並木千夏(スポ2・静岡=藤枝順心)がシュートを放つ。これはブロックされたがこぼれ球を小林が押し込み先制に成功した。その後は慶大に攻められる場面もあったが、DF陣が冷静に対応。追加点の欲しいア女は34分、中央で並木がうまく落とすと、これを受けた中條がグラウンダー性のミドルシュートを狙う。うまくコントロールされたボールはゴール左下へと突き刺さった。「試合前に(ミドルシュートの)ノルマは5本と言われていた。(ゴールシーンも)もちろん狙っていたが、入ってびっくりした」と中條。副将のゴールでア女は2点目を奪った。さらに45分、CKから中條がファーサイドへボールを供給。これを小林が折り返し、最後は土居がヘディングシュートをたたき込んだ。慶大に押し込まれる場面もあったが攻めの姿勢を崩さなかったア女。3点をリードし試合を折り返した。


2点目を奪い喜ぶ中條(写真中央)ら選手たち

 FW山田仁衣奈(スポ4=大阪・大商学園)、MF田中実夏(スポ4=セレッソ大阪堺レディース)の4年生コンビを投入し迎えた後半。開始直後、「慶大が後ろでビルドアップしていてキーパーも慌てていたので狙っていた」と土居がプレスから相手GKのクリアミスを誘うと、こぼれ球を冷静に流し込んだ。リードを4点に広げたア女は52分にDF源関清花(スポ4=ちふれASエルフェン埼玉)とMF森田海(スポ4=JFAアカデミー福島)を投入し、さらに攻撃への意識を強めるが、徐々に守備のバランスが崩れていく。54分、自陣左サイドの突破を許すもGK川端涼朱(スポ3=東京・十文字)が対応。55分には慶大にゴール前でFKを与えたが、鈴木紗理(3年)シュートはゴール上へと外れた。最大のピンチは65分。佐藤幸恵(3年)にカットインからミドルシュートを許す。しかし、「中に切り込んでシュートを打つ予測はできていた。守備をしている選手もコースを限定してくれた」と川端がナイスセーブ。ピンチを脱した。ア女は78分にMF秋山由奈(スポ4=東京・八王子)を投入し中盤の活性化を図ったが、その後はなかなか決定機をつくれず。すると試合が停滞する中、84分FW山本華乃(3年)に裏抜けから1対1を決められて失点。「苦しい時間帯に全体が間延びしてしまった」とDF中田有紀(スポ4=兵庫・日ノ本学園)は反省を口にした。それでもクリーンシートは逃したが、4-1の快勝を収めたア女。早慶戦4連覇を達成し、無敗記録も18に更新した。


MVPに輝いた土居

 スタメンが4年生含め早慶戦初出場のメンバーが多かった中、4連覇を達成したア女。奪った得点すべてが4年生のゴールと最上級生がチームをけん引した。さらに「4年生全員でピッチに立った時は本当にすごくうれしかった」と中條が語るように、ベンチ入りしたすべての4年生が出場。この経験は4年生にとって大きな財産となったことだろう。しかし、「0で勝てる試合で失点してしまうのはいつもの自分たちの弱さが出てしまった」と小林が振り返るように、2部リーグで苦しむ相手に失点を許したことも事実。この早慶戦を機にもう一度守備面を見つめ直し、『無失点』にこだわっていきたいところだ。「できるだけ疲れを取って、選手一丸となって戦っていくしかない」(高瀬)。ア女は課題を修正し、きょう関東女子リーグ戦後期第4節に挑む。

(記事 永池隼人、写真 菅沼恒輝、石井尚紀、森迫雄介、手代木慶)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません


見事4連覇達成だ!

早大メンバー
ポジション背番号名前学部学年前所属
GK16川端 涼朱スポ3東京・十文字
DF36ブラフ シャーンスポ1スフィーダ世田谷FCユース
→52分源関 清花スポ4ちふれASエルフェン埼玉
DF小林 菜々子スポ4ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
DF27黒柳 美裕スポ2宮城・聖和学園
DF中田 有紀スポ4兵庫・日ノ本学園
MF中條 結衣スポ4JFAアカデミー福島
MF17阪本 未周スポ3大阪・大商学園
→HT14田中 実夏スポ4セレッソ大阪堺レディース
MF◎8高瀬 はなスポ4ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18
MF12並木 千夏スポ2静岡・藤枝順心
→52分15森田 海スポ4JFAアカデミー福島
MF32高橋 雛社1兵庫・日ノ本学園
→HT山田 仁衣奈スポ4大阪・大商学園
FW30土居 明日香スポ4ちふれASエルフェン埼玉
→78分20秋山 由奈スポ4東京・八王子
リザーブ:DF35船木和夏(スポ1)、MF19桝田花蓮(スポ2)、FW18荻原優花(スポ3)、FW34廣澤真穂(スポ1)
◎=ゲームキャプテン
監督:川上嘉郎(昭51商卒=神奈川・横浜緑ケ丘)