向正面から世界が見える~
大相撲・外国人力士物語
第1回:鳴戸親方(2)

 ブルガリア出身の初めての大相撲力士として、大関まで昇りつめた琴欧洲。202cmの長身、握力120kgのイケメンは、「角界のベッカム」と呼ばれて、絶大な人気を得た。

 彼は、とある日本人の誘いを受けて、「体験入門」のつもりで日本にやって来た。その帰り際、瞬間的に強い”縁”を感じて、大相撲界への入門を決断した――。