準決勝で2部復帰に向けて望みをつなげた明大。決勝に進んだ2階級を制すも3部優勝を逃し、

入替戦に駒を進められずシーズンを終えた。

 

◆5・19~7・13 第54回関東大学3部トーナメント戦(駒大玉川キャンパス他)

▼7・13 決勝(後楽園ホール)

▽フライ級

〇立花(3回・判定)森本(東大)

▽ウェルター級

〇入澤(1回・RSC)藤井(防衛大)

 

最後の望みをかけて戦った。決勝戦に挑んだのはフライ級の立花拳斗(文1=出雲工)とウェルター級の入澤心太(商2=崇徳)。1番手に登場した立花は、攻めの気持ちで試合に臨んだが「追い込みが足りなかった」(立花)。試合を決める一発こそは決まらなかったが、3Rを終え判定勝ちを収めた。続く入澤は「ここで負けたらいけない」と強い覚悟でリンクに上がる。開始直後は相手にペースを乱されたが「右ストレートで手応えがばっちりだった」(入澤)。相手にダメージを与えると、1R2分にRSC(レフリーストップコンテスト)で白星を飾った。しかし、3階級決勝に進出していた大東大が2勝し、明大はポイント差で準優勝。3部残留が決まった。

悔しさの残る結果となった。シーズン最初からチームの目標であったのは「3部優勝、2部昇格」(星野隆監督)。目標達成に向けてトーナメントに挑んだが、個々の戦力はあるものの部員数の少なさをカバーすることができなかった。メンバーの少なさが歯車を狂わすもととなり、惜しくも準優勝で閉幕。昨年度3部に降格し、なんとしても2部復帰を果たしたかったが入替戦への道は閉ざされた。チーム一丸となってトレーニングを重ね、一年後こそ3部優勝を果たしたい。

[中澤美月]

試合後のコメント

星野監督

――今日の試合を振り返っていかがですか。

「立花にしても入澤にしても、本当に明治のボクシングをやってくれたので、そこが満足かなと思います。あとは個人戦にたくさん出場できるように頑張ってもらおうと思っています」

入澤

――どのような気持ちで試合に挑みましたか。

「ここで負けたらいけないと思ったので、勝つぞという気持ちでした」

立花

――今後の課題はありますか。

「コーナーとかに逃げられないよう追い詰めるように、足の運びをしっかりしたいです」