写真:水谷隼(左・木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

13日、オーストラリアオープンは大会5日目を迎え、混合ダブルス決勝に“みまじゅん”ペアこと水谷隼(7月世界ランキング13位・木下グループ)/伊藤美誠(同7位・スターツ)ペアが登場した。昨日行われた準決勝では、チャイニーズタイペイの林昀儒(リンインジュ・同16位)/鄭怡静(チェンイージン・同8位)と対戦し、3-0のストレートで勝利している。

決勝は中国香港の黄鎮廷(ウォンチュンティン・同18位)/杜凱琹(ドーホイキン・同12位)との対戦となった。黄鎮廷/杜凱琹ペアは、約1週間前に行われた韓国オープンで許昕(シュシン・同1位・中国)/劉詩雯(リュウスーウェン・同2位・中国)の世界王者ペアに勝利し、優勝を果たしている。

第1ゲーム序盤、水谷/伊藤は2-5とリードされるも、ここから9連続ポイントで第1ゲームを先取する。第2ゲームはデュースとなるも、勝負所で黄鎮廷のフォアハンドドライブが決まり、水谷/伊藤は11-13でこのゲームを落とす。

続く第3ゲームも、黄鎮廷のフォアハンドドライブに押され、ゲームカウントを1-2とされる苦しい展開。そして迎えた第4ゲーム、水谷/伊藤は6-9から9-9まで追いつくも、あと一歩及ばず、9-11で落としゲームカウント1-3で悔しい敗戦となった。一方、黄鎮廷/杜凱琹ペアは韓国オープンに続き2大会連続の優勝となった。

水谷隼 試合後のコメント

序盤かなりリードしていて、2ゲーム目も4-0だったが、このゲームを落としたことが敗因かなと思う。最初相手の簡単なミスでリードできていて、このまま自分たちのペースでいけるのではないかという、油断もあったと思う。

韓国オープンでも今大会でも、勝てる試合を逃してしまったので、最後の詰めをしっかりすれば、さらに良い結果が残せると思う。

伊藤美誠 試合後のコメント

2ゲーム目を取っていれば、流れも良かったので、3-0で勝てたのではないかと思う。相手ペアが2ゲーム目から粘りを見せてきた。

韓国・オーストラリアオープンと(水谷選手と)組んで、特にオーストラリアオープンでは勝たないといけない試合を逃してしまい、すごくもったいなかったが、初めて香港ペアと対戦することができたのは大きいので、次につながる試合ができたと思う。

詳細スコア




写真:左から伊藤美誠、水谷隼、黄鎮廷、杜凱琹/撮影:ラリーズ編集部

水谷隼/伊藤美誠 1-3 〇黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)
11-5/11-13/8-11/9-11

文:ラリーズ編集部