「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)の大会11日目、男子シングルス準決勝。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第23シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を6-2、4-6、6-3、6-2で破り、2年連続6度目の決勝進出を果たした。そのジョコビッチが試合後のインタビューに答えた。

25度目のグランドスラムの決勝進出となったジョコビッチは、「これは子どもの頃から夢見ていたトーナメントです。決勝進出でまた1つ夢が叶いました。グランドスラムの歴史をまた1つ刻むことができそうです。楽しみたいですね」と語った。

対戦相手のバウティスタ アグートについては「彼にとっては初めてのグランドスラム準決勝ですよね。彼は雰囲気に飲まれて苦戦していた部分もあったと思います。それでも気持ちをコントロールして力強く戦い続けていました。第2セットの序盤から立て直し、サーブも良くなってきていました。そこで私も少しタイトになって、第3セットの序盤はなかなか思い通りじゃない展開もありました」と語った。

勝利したジョコビッチは、この後に行われる第2シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)との勝者と決勝で対戦する。

この後に行われる試合についてジョコビッチは「私はこの試合のファンですし、とても素晴らしいライバルの戦いです。もちろん、私もできる限り試合は見ます」と語った。

またジョコビッチが勝ち上がったことにより、グランドスラム11大会連続でBIG3の誰かが優勝することが決まっている。

決勝は大会最終日、日本時間の7月14日に開催予定。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのジョコビッチ

(Photo by Matthias Hangst/Getty Images)