写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

大会4日目の12日、女子シングルス2回戦で石川佳純(7月世界ランキング6位・全農)と佐藤瞳(同16位・ミキハウス)が対決した。石川は1回戦でも木原美悠(同66位・JOCエリートアカデミー)との試合を制しており、2戦連続の日本人対決となった。

試合は、カットマンの佐藤瞳に対し、序盤からミスのないカット打ちを見せる石川がリードする。石川は、サーブを出す位置を変える佐藤の戦術にも対応し、ゲームカウント4-0のストレート勝ちを収めた。

勝利した石川は、準々決勝で世界ランク1位の陳夢(チェンムン・同1位)と対戦する。石川は「次は中国の主力選手との戦いなので、勝ったらオリンピックという気持ちで戦いたい」と次戦に向けて力強いコメントを語った。

詳細スコア




写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

〇石川佳純 4-0 佐藤瞳
11-6/11-6/12-10/15-13




写真:孫穎莎(中国)に敗れた松平志穂(日本ペイントマレッツ)/撮影:ラリーズ編集部

松平志穂 0–4 〇孫穎莎(中国)
2-11/2-11/6-11/5-11

文:ラリーズ編集部