リオデジャネイロ五輪・競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也が8月10日、ツイッターを更新。今大会で自身の種目が全て終わったことを報告し、「応援ありがとうございました!」と声援を送ったファンへ感謝している。

個人メドレーのほか、200メートルバタフライにも出場した瀬戸。決勝では坂井聖人が銀メダルを獲得したが、瀬戸は5位に終わった。

初出場のオリンピックで頂点を目指すも叶わなかった。「4年後東京で活躍できるように頑張ります。」と瀬戸の気持ちは既に東京五輪に向けられている。

最後に、「まだリオデジャネイロオリンピックは続くので日本選手の応援よろしくお願いします!!」と14日まで続く競技に、仲間への声援を求めた。

ファンからは、「お疲れさまでした!」「銅メダル取れたのはホント感動しました!」「瀬戸選手のおかげで競泳という競技を楽しめました!」「悔しさが伝わってきましたが、瀬戸選手の闘う姿に感動をもらいました!」「4年後の東京でも素晴らしい泳ぎを見せて下さい!応援しています!」などのコメントが寄せられていた。

萩野公介(右)と瀬戸大也(c) Getty Images

萩野公介(右)と瀬戸大也(c) Getty Images

瀬戸大也(2016年8月6日)(c)Getty Images

瀬戸大也(2016年8月6日)(c)Getty Images

【リオ2016】競泳・瀬戸大也、気持ちは東京五輪へ「4年後東京で活躍できるように頑張る」

【リオ2016】競泳・瀬戸大也、気持ちは東京五輪へ「4年後東京で活躍できるように頑張る」