写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

大会3日目の11日、オーストラリアオープンの本戦が始まり、日本からは女子シングルス1回戦に平野美宇(7月世界ランキング9位・日本生命)、芝田沙季(同15位・ミキハウス)が登場した。

両選手とも予選を勝ち上がってきた中国選手との対戦となり、芝田沙季は李佳燚(リージャーイー・同139位・中国)と対戦した。第1ゲームを9-11で落とすと、その後相手に主導権を握られ、0-4のストレート負けとなった。

一方、平野美宇は中国の銭天一(チェンティエンイ・同295位)と対戦。銭天一は予選3回戦で加藤美優(同22位・日本ペイントホールディングス)を破るなど、世界ランク以上の実力を持つ。

1、2ゲーム目、平野は銭天一のパワーに押され、2ゲームを先取される苦しい展開。続く3ゲーム目は平野が取り返し、迎えた4ゲーム目。5-10で銭天一にゲームポイントを握られるも、平野が13-11でこのゲームを逆転で奪取する。その後、流れを味方につけた平野は2ゲームを連取し、4-2で逆転勝利を収めた。

試合後「第4ゲーム5-10で絶望的だと思ったが、ここで負けると後悔すると思い、1本ずつ集中してできたのが良かった」と勝因を振り返った。

勝利した平野は、明日の女子シングルス2回戦で伊藤美誠(同7位・スターツ)との“みうみま”対決に臨む。今年6月の香港オープン準決勝でも“みうみま”対決が実現しており、その際はゲームカウント4-2で伊藤が勝利している。しかし平野もジャパンオープン、韓国オープンと好調を維持しており、どのような戦いになるのか。大会屈指の好カードに注目が集まる。

詳細スコア




写真:芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

〇平野美宇4-2 銭天一(中国)
6-11/7-11/11-3/13-11/11-7/11-6

芝田沙季 0-4 〇李佳燚(中国)
9-11/3-11/5-11/3-11

文:ラリーズ編集部