写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

大会3日目の11日、オーストラリアオープン男子シングルス1回戦に水谷隼(7月世界ランキング13位・木下グループ)が登場した。

水谷隼はサウスポーのジョナサン・グロート(同26位・デンマーク)と対戦した。サウスポー対決となった試合は、1ゲーム目から両選手ともに気迫のこもった打ち合いとなった。

水谷は、第1ゲームをデュースで落とすと、第2ゲームも相手に流れを掴まれ、2ゲームを先取される苦しい展開。しかし第3、4ゲームは持ち前の多彩なサーブで息を吹き返し、ゲームカウントを2-2のイーブンに戻す。

第5ゲーム、またもデュースになるも、グロートに気迫で押し切られ、水谷は15-17でこのゲームを落とす。悪い流れの中、第6ゲームもグロートのパワフルなフォアハンドに押され、デュースまでもつれたゲームを制せず、ゲームカウント2-4で水谷は敗れた。水谷は試合後、ベンチに座り込み、しばらく動くことができなかった。

ただ、水谷は今大会、伊藤美誠(同7位・スターツ)との混合ダブルスにも出場しており、明日準々決勝に臨む。シングルスでは苦杯を喫したが、混合ダブルスでのプレーに注目だ。

詳細スコア

水谷隼 2-4 〇ジョナサン・グロート(デンマーク)
11-13/8-11/11-9/11-3/15-17/11-13

文:ラリーズ編集部